チリ・サンティアゴ:強盗を防ぐ目的で信号機の点灯時間感覚を短縮させる

0

チリ交通省と犯罪防止事務局は、メトロポリタン地方の1200基の信号機の点灯時間の感覚を短縮すると発表した。

この措置は、夜間9時から午前7時までの安全性を上昇させる目的を持ち、その他、交通量の少ない時間帯にも当てはめられる。特に赤信号の点灯時間が短くなる。

「人通りの少ない地域では、夜間の赤信号停止時に強盗に襲われるケースが多いため、それを軽減する目的がある。」

点灯短縮時間は10秒から20秒であり、3000ヶ所を越す交差点の夜間の信号機の点灯感覚がピーク時と同様であった事が調査で分かった。

夜間時の安全性を向上させるために、このような調整が行われる事が決定したが、歩行者の通過を妨げる事がないように標準化される。

すでに他の1800基の信号機が新規格に設定されており、今回の1200基の設定は7月中旬に完了する見通しである。

 

 

 

参考情報: Acortan duración de luz roja en 1.200 semáforos de Santiago para disminuir exposición a asaltos | Emol.com

コメントを残す