ブラジル:アマゾン奥地のある部族〜最後の生存者の可能性

0

ブラジルのアマゾンで22年前から姿が確認されていなかった部族の、最後の生存者らしき姿のビデオが公開された。

2011年に撮影されたビデオが公開されたのは先週、そこには斧で木を倒す男性の姿が映っている。強靭な肉体と健康的に見える。

野ブタ、鳥や猿を、弓矢、又は鋭い木の枝を立ててある落とし穴を使って狩る。

なりたい自分

インディアン国内財団 Fundación Nacional del Indio (FUNAI)のコーディネーター Altair Algayerは、「良好な健康で狩りを行い、いくつかのパパイヤやトウモロコシを育てている。」と説明した。

1995年に農園従事者によって殺害された、部族6人のうちの最後の生存者かも知れないと推定されている。1996年に生活圏が確認されてからFUNAIが追跡を行って来た。

その追跡方法は、孤立した部族への接触を避け、彼等のエリアを1990年から保護するというものである。

Survival International団体は、撮影された映像は非常に素晴らしく、FUNAIにはこの男性が生きてる事を示す義務があり、そのテリトリーの保存を達成できたと称賛した。

 


情報源: Difunden imágenes del posible último superviviente de una tribu que lleva 22 años viviendo en el Amazonas

Booking.com

コメントを残す