ドミニカ共和国:ビーチを覆うプラスチックゴミ 〜 ビデオ

0

多くの人にとってドミニカ共和国は、ココナッツ、白砂のビーチ、透明で暖かい海水のパラダイスというイメージである。しかし、今週末バイラル化したあるビデオには観光客が目にする事のない風景が映し出されていた。

映されているビーチは有名な観光地のものではないが、衝撃的であった。波に揺れるプラスチックゴミ、どちかというとプラスチックゴミの波とそれらが散乱した浜辺。

ビデオはParley for the Oceansによって映され、場所は首都サント・ドミンゴにあるMontesinosビーチ。この団体は、海の美しさと脆さを人々に意識させる事を求め、地元役員とコンタクトを取り大掛かりな清掃を行った。

それによって、参加した公務員、軍人、海軍、ボランティアの手伝いによって重機やトラックでMontesinosビーチのプラスチックゴミを全て清掃、その作業は3日間に渡って行われた。

 

「この状況を目にするのはとても衝撃的だけれど、もっと酷いのはこれはサント・ドミンゴではニュースにもならない事。」と、Parley for the Oceansの代表Carmen Danae Chamorroはコメントする。

 

合計30トンのゴミが収集されたが、その多くは汚染されたり混合していためリサイクルやリユースにはならずゴミ集積場へと送られる。そのうち、6トンは「Ocean Plastic」に変わる。

Ocean Plasticはプレミアムな資源で、プラスチックによる海洋汚染に立ち向かう資金と変化のシンボルである。

今後もMontesinos ビーチの清掃オペレーションは継続される。

バイラル化したビデオはこちら。

 

 

 

情報源: Video: Toneladas de desechos plásticos invadieron una playa en República Dominicana | Emol.com

コメントを残す