チリ:UberとCabifyを取り締まる法令、議会に提出

0

2016年10月、前政権はUberとCabifyに対する規制を国会に提出。タクシー連名、企業との長期にわたるロビー活動後カマラの運送委員会が管理する事柄となっていた。

しかし、その後進展が見られないまま、両アプリケーションに対するタクシー業界のストライキや警官によるUber運転手への発砲事件が発生し、法案の制定が急がれていた。

現政権は規則の置換指示を決定し、本日議会に提出。新たな内容には、両アプリケーションの運転手はA1ライセンスを保有し、性犯罪・麻薬密売・飲酒運転による交通事故等の前科がない事が条件に含まれる。

そして両アプリケーションはチリの営利な交通企業として存在し、税金を納めなければならない。

また両アプリケーションの運転手は、乗客の安全を図るための保険を契約する必要があり、交通省がアプリケーションの将来の運用条件を確立する権限を持つ。

規則が守られなかった場合には、企業と運転手に罰金が課せられ、その金額は10から100UTM(約950米ドルから9500米ドル)まで上る。乗客が管理を妨害した際には同様の罰が与えられる。

 

情報源: Certificado de antecedentes, licencia profesional y sanciones a pasajeros: Así es la Ley Uber del Gobierno | Emol.com

コメントを残す