日本、パラグアイ産「Chia チア」に対する品質管理の基準を緩める

0

パラグアイの野菜、種子の健康、安全、保障を管理するSenaveは、日本が要求する必要条件をパラグアイの生産者が満たしている結果だと発表した。

日本は、2011年には積み荷100%に対してアフラトキシン(カビ毒)の検査を実施するように定めていたが、それが厚生労働省の規程で30%へと減少した。

2016年の日本への輸出量は10.277トン、2017年は14.584トンに増量した。

国際協力機構(JICA)も、Senaveの専門家に対して害虫の残骸を発見する検査の技術的支援を行なっている。

これらは、「小規模農家が生産する農産物の品質管理体制改善プロジェクト」の一環として行われている。

 

 

情報源: Japón reduce control para chía – Edicion Impresa – ABC Color

コメントを残す