チリ:Escondida鉱山ストライキ突入の可能性〜回避するための話し合い

0

チリ財務大臣Felipe Larraínは、Escondida鉱山でのストライキ突入の可能性について、国にとっての害が大きくなるため回避できる事を期待すると発言した。

「ストライキ突入の際の国への害を現実的に捉え、各所、企業と従業員が話し合いによって双方の立ち位置に近づけるように。対話によって双方が納得できる仲介が行われ、それが成功し、最終的にストライキが無くなる事を我々は望んでいる。」

現在、ストライキ突入の一歩前まで進んでいるEscondida鉱山は世界でもっとも銅を生産しており、労働組合は企業側の最終的な申し出を拒否、投票では88%(1955票)がストライキ突入に表を投じた。

1年半前にもストライキによって42日間作業がストップした。同じ鉱脈にはもう一つのChuquicamata鉱山があり、そこでも問題が生じているため今回のEscondida鉱山の件は国際的にも注目されている。

 

情報源: Hacienda y posible huelga en Escondida: Sería perjudicial para el país, espero que se evite | Emol.com

– http://www.emol.com/noticias/Economia/2018/08/02/915508/Huelga-en-Minera-Escondida-Presidente-del-Consejo-minero-dice-que-le-hace-mal-a-la-imagen-del-pais.html

コメントを残す