チリ:米ドル高騰で1USD-700CLPに近づく〜消費者への影響

0

最近の米ドル上昇に関して、チリ財務大臣Felipe Larraínは、「米ドル上昇は少なからずとも品物の値段に影響を与えるだろう。しかし、中央銀行が目標範囲内のインフレ(3%)を維持できると信じている。」と発言した。

アナリスト達によると、最近の高騰はアルゼンチンペソ、ブラジルレアル、トルコリラ、銅価格低価に関連する。7月から現時点までに、米ドルは56チリペソ上昇しており、インフレの可能性も心配されはじめた。

チリ大学の講師Hugo Caneoは、「車、テレビ、パソコンなどの電子機器の価格、Uber、Netflix等のサービス利用料金、航空チケットの値上がりを感じるようになるだろう」と言う。米ドル高騰は、一般消費者にとってはプラスの影響よりもマイナスの影響の方が多く、その感覚は段階的に現れ始める。

 

「9月の独立記念日の連休に向けて多くの人々が車で移動する中、燃料の値上がりが家計に影響する可能性がある。」

 

米ドル高騰によって特をする人も損をする人も出てくるが、チリが国際マーケティングに依存している国である事を常に忘れてはならない。このような変動は、チリの輸出対輸入の価格の上昇または下落の結果として生じる。

 

 

 

情報源: Dólar se encamina a los $700: Los pro y contra para los consumidores | Emol.com

コメントを残す