日本、チリのTEAM PARACHILEを日本に招待〜パラリンピック2020

0

東京で開催されるオリンピック・パラリンピック2020まで後2年、日本はホスト国としての準備に全力投球している。

その一環として、今週、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の安藤良将参事官補佐がチリを訪れている。

左からコヤオ代表取締役、ヴァルガス副代表、デットニ理事、安藤参事官補佐、湯沢在チリ日本大使館第2書記官、ソトパラリンピック委員会代表

安藤良将参事官補佐と在チリ日本大使館第2書記官の湯沢華子氏は、チリパラリンピック委員会代表リカルド・ソト、副代表アルベルト・ヴァルガス、ディレクタークリスチャン・デットニと代表取締役グスタボ・コヤオと会談を行なった。

会談では、パラリンピック種目の代表選手数人を日本に招致する話(日本国内の滞在費、食費、移動費込み)が行われた。招致は特にパラカヌーの選手に集中した。

招致先は、チリに由来のある場所で、日本国内の観光と、オリンピック・パラリンピック大会開催前に日本国民のモチベーションを上げる目的を掲げている。

 

情報源: TEAM PARACHILE ADELANTA SU LLEGADA A TOKIO – Paralimpico

コメントを残す