チリ:大手企業代表取締役の平均給与、ラテンアメリカ1!

0

ラテンアメリカ6カ国の大手企業代表取締役の平均的な給与額を「給与お問い合わせプラットホームShow Me The Money」が調査した。

その調査結果によると、ラテンアメリカ地域で最も高額な報酬を受け取っているのは、チリという結果になった。

例えば、チリの大手企業代表取締役の平均的な年間給与額は1億米ドルを越し、簡単に計算すると月に24.500米ドル受け取っている事になる。この金額には、ボーナス等は含まれていない。現在の為替では、約1千700万チリペソとなる。

この金額は、メキシコの平均金額18.400米ドルとブラジル・コロンビアの17.000米ドルを上回っている。

DNA Human Capital Country ManegerのAlfonso Ochoaによると、これは珍しいことではなく、昔からチリは隣国よりも高給料で知られ、それには生活コストが関連している。

経済難に陥っているアルゼンチンの公共部門の重役の月額平均給与は6.340から11.890米ドルに抑えられている。

 

 

情報源: Gerentes generales chilenos son los mejor pagados de la región | Emol.com

コメントを残す