La Hayaの判決後、ボリビアが「海への出口」を得る方法は

0

2013年にボリビアが国際司法裁判所(CIJ)に「海への出口」をチリに要求する訴えを起こしてから7年半の月日が経過し、10月1日月曜日その悲願は棄却された。

 

速報!国際司法裁判所がボリビアの訴訟を却下〜チリに交渉義務無し

 

判決後、エボ・モラレス大統領は、「チリ側に交渉義務は無いが、対話を続ける呼びかけはある。」と判決に対する発言を行った。そして、ボリビアの「海への出口」獲得を決して諦めないと決意を新たにした。

「海への出口」を獲得するためにボリビアができることはあるのか?

太平洋戦争後(1879-1884)に署名された条約には、チリ領土となったアリカとイキケの港をボリビアが商業に使用できると記されている。しかし、今回の判決後、チリ政府が対話に対応するのは厳しいと見られる。それでは、チリを含まない方法はあるのか。

それには、他の近隣諸国との交渉があげられる。

ペルーと調印された1992年の条約には、ペルーのイロ港の約5キロメートルの海岸線を99年間の期間内ボリビアに譲ると記されているが、現在まで合意には至っていない。

もう1つは、ボリビア同様海に面していないパラグアイと調印された1937年の条約で、パラグアイのパラグアイ河とパラナ河を通過してボリビア船が大西洋に出る方法である。

それに向けてボリビアは既にパラグアイとの国境地域のパラグアイ河にBusch港を建設してあり、そのルートを利用すると、アルゼンチンの海域に出ることができる。

2010年、ウルグアイ元大統領ホセ・ムヒカは、ボリビアとパラグアイの「海への出口」を簡潔にするためのプロジェクトへの意図を明らかにした。その為には、両国の許可が必要になる。

 

 

情報源: ¿Cómo puede conseguir Bolivia salida soberana al mar tras el fallo de La Haya favorable a Chile?

コメントを残す