チリ:サンティアゴ・ラスコンデス地区〜禁煙に関する新たな条例

0

ラスコンデス市議会は、公園、広場における喫煙を禁じる条例を発令した。

条例は、「煙からの解放」と名付けられ、11月1日から施行される。破った場合の罰金は5UTM(23万9千チリペソ)に定められている。

ラスコンデス市長のJoaquín Lavínは、「このような条例はチリでは初の試みであり、きっと他の地区も導入するだろう。」とコメントした。

1ヘクタール以上の面積を保有する公園には喫煙場所が設けられ、条例の施行までの期間中に、注意書きの設置や情報掲示が行われる。

そして、タバコの吸引を抑制する目的の禁煙キャンペーンも更に実施される。

 

情報源: Las Condes aprobó ordenanza que prohíbe fumar en parques y plazas | soychile.cl

コメントを残す