チリ:夏開始まで後1ヶ月半〜今週は高気温に注意!

0

メトロポリタン地方とバルパライソ地方では、今週高気温が予報されており、水曜日にピークを迎える。

厚生省は、日光が強い10時から16時までの間の外での活動を控え、帽子の着用、十分な水分摂取と汗を多くかいた時には塩分摂取にも気をつけるように呼びかけている。

特に高齢者と幼児の脱水に注意が必要となる。また、火事が発生しやすくなるため、火元の注意や発火原因となる物質の扱いにも普段以上に注意するように促している。

今年は降水量が少ない影響で、乾季の夏は例年よりも乾燥すると予測され、暑い夏を体調を崩さず乗り切るため、Somnoクリニックの神経科医Pablo Guzmán医師は快適な睡眠のためのアドバイスを行っている。

・疲労を回復するために必要な深い眠りにつくためには、室温が18度から20度に保つことが理想。

・寝る45分まえに部屋の室温を上記の温度に整えるように心がける。

・アレルギー症状、粘膜の乾燥、咳き込みの原因となるためエアコンの使用を避ける。

・薄地の綿の衣類を使用し、寝具も軽いものにする。

・軽い夕食とその後の電子機器の刺激を避ける。

・日中しっかりと水分を摂取し、明け方のトイレを避けるために就寝前には多量に飲まない。

・1日に1.5リットルの水を飲む。これには、コーヒー、炭酸飲料、紅茶などは含まれない。

 

 

 

 

 

 

 

情報源: ¿Cómo lograr conciliar el sueño con las altas temperaturas? | Emol.com

コメントを残す