アルゼンチン:不明潜水艦ARA San Juan発見〜被害者家族の願い 

0

アルゼンチンの潜水艦ARA San Juanの消息不明から1年と2日(11月17日)が経過した日、海洋調査会社Ocean Infinity が大西洋水域の海底キャニオン800mの所に沈んでいる潜水艦の姿をキャッチした。

 

ARA San Juan沈没までの経緯

潜水艦のバッテリーの一部が爆発し火災が発見、海面に浮上、その後火災を鎮火し地上8:52に連絡を取った後に潜水、その後再び火災が発生しバッテリーに充満していた水素が爆発、コントロールシステムに障害を与えたと推測される。

その後、潜水艦はコントロール不可能な状態で降下し続け、水中音響測定チームは10:51分に異常を感知、調査隊は潜水艦の内破の音だと指摘する。

 

 

 

 

潜水艦発見から24時間後、潜水艦の乗組員44人の家族は潜水艦の回収を求めて集会を開いている。政府は、回収するためのテクノロジーも資金も無いと答えており、家族は例え塵となった潜水艦でも自分達の元に返して欲しいと懇願、それまでは戦いをやめないと表明している。

「潜水艦を発見した米国のOcean Infinity は海底1250mまでは沈没しているものを浮上させられると言っている。今後政府はそこに視点を向けて欲しい。大統領に強く要求する、44名を無駄死にさせない、次は責任者を見つける番だ!」

 

関連記事:

  1. アルゼンチン海軍、不明潜水艦の可能性を秘める「金属反応」を調査
  2. アルゼンチン:潜水艦「ARA San Juan」の行方、依然として解らず
  3. アルゼンチン:消息不明の潜水艦ARA San Juanによって、アルゼンチンの軍事予算不足が浮き彫りになる
  4. アルゼンチン:潜水艦ARA San Juanの水底探索続く
  5. アルゼンチン潜水艦ARA SAN JUAN不明事件、「乗組員は痛みなく落命した」と報告

 

 

情報源: Familiares de víctimas del ARA San Juan exigen al Gobierno que lo refloten y amenazan: “No se van a llevar gratis estas 44 vidas” | Emol.com

http://impresa.elmercurio.com/Pages/NewsDetail.aspx?dt=2018-11-18&PaginaId=8&bodyid=1

コメントを残す