チリで仕事を求める外国人〜ベネズエラ人が最多

0

全国雇用団体(BNE)の失業保険利用者委員会(Comisión de Usuarios del Seguro de Cesantía)の年間報告書の抜粋によると、26.843人の外国人がチリ国内で仕事を探し求めている。

その内、ベネズエラ人が最も多く8.203人が求職サイトを利用している。ハイチ人5.007人、ペルー人4.702人、コロンビア人3.707人、ボリビア人1.724人、エクアドル898人、アルゼンチン人823人、スペイン人383人と続いている。

委員会はこの状況を踏まえて、「チリの雇用業界の新たな特徴によって提示されている課題に対応するために、そのメカニズムとユーザーケアのプロトコルを見直す必要がある。」と認識している。

移民人口の65.2%がメトロポリタン地方、8,4%がアントファガスタ地方、5,9%がタラパカ地方に居住している。

全国雇用団体(BNE)が移民に提供しているサービスは、RUT番号無しでの求職で、OMILが仲介を行うシステムである。一次産業からサービス業など、移民の雇用業界は幅広くなっている。

 

情報源: Venezolanos encabezan la lista de los extranjeros que buscan trabajo en Chile | Emol.com

コメントを残す