チリとブラジル〜自由貿易協定に調印

0

11月21日水曜日、チリとブラジル両国間で自由貿易協定(TLC)の調印式が開催された。これによって、ラテンアメリカ内でのチリの最大ビジネスパートナーであるブラジルとの交流は更に深くなる。

「これほど短期間でTLCに関する話し合い、交渉と調印が行われるのは世界でも少なく、新記録かもしれない。」と、ラ・モネダ宮殿でチリのピニェラ大統領は演説を行った。

話し合いから調印までに要した月日は半年で、30年前に結ばれた両国間の経済協定と、ブラジルがメンバーであるメルコスール(ブラジル、ウルグアイ、パラグアイ、アルゼンチンが加入)へのチリの関わりを現代に適合させる案件が含まれている。

チリ・ブラジル両国間の新たなTLC開始から2年後には、ローミングが排除される。それによって観光、デジタルマーケティングと起業に大きな影響が与えられるとチリ政府関係者は指摘する。

調査によると、毎年50万人のブラジル人がチリを訪れており、30万人のチリ人がブラジルを目的地としている。

 

 

 

情報源: Chile y Brasil firman un TLC negociado en tiempo récord | La Nación

コメントを残す