UNICEF警告!中米移民キャラバン〜子供達の心理的状況 

0

11月7日、UNICEFは、突然の移住によって厳しい道のりに引きずり込まれた中米移民キャラバンに参加している子供達の「複合的なトラウマ」、心理的なインパクトに対する警告を行った。

「キャラバンの子供達は人道的危機を経験している。身体的な影響が出る前に国連や非営利団体の介入が必要となっている。又、心理的な健康への影響が短期的、長期的に発生する可能性もある。」

「突然の変化、不確実性、体の疲れ、不安定な条件の宿泊、失った家、日常、学校、親愛なる人々、これらの不安な経験は誰にとっても辛いものだが、若いほどその影響は大きい。」

「移住を始める以前に、居住していた地域で発生していた暴力、保護者のストレスによる影響も受けている。」

こういった状況に置かれている子供達と大人達を支援するために、UNICEFは「社会心理的サポートプログラム」を発動させた。主に大多数の移民が到着し身体を休める国境地帯と首都に、子供達のための遊び場、休憩所、読み聞かせやお絵描きの場所を設置した。

UNICEF職員は、保護者から離れたがらず、他の子供達と遊ぶ事よりも親の側にくっついている事を選ぶ子供が多く、「もう暴力は無くなったの?」と何度も問いかける様子を確認している。

どのような移住状態であろうが、「子供への連帯、共感、身の安全と権利の保障への協力」を社会に呼びかけている。

 

 

情報源: UNICEF alerta sobre el impacto psicológico en los niños de la caravana de migrantes centroamericanos

コメントを残す