ベネズエラ暫定大統領、メキシコのAMLO大統領に支援を要求 

0

今回のベネズエラ問題において、南米で数少ない中立な立場をとっているメキシコ。それに対してベネズエラ暫定大統領のグアイド氏は、「民主主義を求める声に連なるように」と要求している。

なりたい自分

しかし、メキシコのAMLO大統領は、「他国の問題には関わらない」という姿勢を変えない意思表示を明確にしている。

「我々の外交官に対する指示は、我々の問題に対して他の国が関与しようとしないためにも、他の国の問題に対して慎重である事。」

メキシコは、ニコラス・マドゥロをベネズエラ大統領として認めているが、ベネズエラ国内が危機的状態にある事も承認している。

マドゥロ大統領は野党に話し合いの呼びかけを行っているが、グアイド暫定大統領は昨年のドミニカ共和国での交渉が偽善的であったとして、今後の話し合いの可能性を却下している。

EU連合は、この先8日間以内にマドゥロ大統領が自由再選挙を公示しなかった場合にはグアイド氏を暫定大統領として承認すると表明した。

米国、カナダと多くのアメリカ大陸の国々が暫定大統領としてグアイド氏を後押ししている。

 

関連記事:

ベネズエラ:暫定大統領フアン・グアイド氏〜法的支援とその目的

 

 

情報源: Guaidó reclama el apoyo de México pero López Obrador insiste en mantenerse neutral

コメントを残す