ウルグアイ:大麻合法化によって麻薬密売組織の売り上げ2200万ドル減少

0

大麻規制管理協会(IRCCA)は、2013年ムヒカ政権によって大麻を管理する法令が導入されてからウルグアイの麻薬密売組織は約2200万ドルの損をしていると調査報告した。

薬用目的以外の大麻の使用に対する合法な購入ルートは個人栽培、個人経営クラブ、登録薬局となっており、違法販売を行なっている闇ルートを無くし明るい所で販売場所を特定、管理する事を目的としている。

しかし、使用者の需要に対して薬局での販売供給が追いついていないのが現状であり、大麻規制管理協会は解決策を議論するために2月上旬の会議を予定しており、民間企業に呼びかけを行なっている。

 

 

関連記事:

ウルグアイ、5月2日から薬局で合法大麻販売を開始

ウルグアイ、合法大麻の弊害になっている6つの点

 

 

情報源: El narcotráfico en Uruguay pierde alrededor de 22 millones de dólares desde 2013 con la regulación de la marihuana

コメントを残す