チリ:Onemi、現段階の森林火災統計を発表

0

全国緊急サービス(Onemi)の新たな調査報告によると、合計75ヶ所の森林火災のうち、20ヶ所は現在も活発化しており、35ヶ所がコントロール済み、20ヶ所が消火された。

なりたい自分

火災の被災者は92人、54家屋が焼失し、死者3名、負傷者37名となっている。

最も規模の大きい火災はラ・アラウカニア地方とロス・ラゴス地方であり、フラテウフ自治区とアイセン自治区で発生している。

アイセン自治区では赤警報が続いており、既に16ヘクタールが焼失している。アイセン自治区の消火活動開始と指示に間違いがあったことも指摘されている。

火災の規模と広まる可能性を軽く捉え、Onemiの地方代表は火災発生から7日目にようやく現地入りしている。

また、消火活動に派遣された消火ヘリコプターは燃料不足のまま到着し、既に消火活動に当たっていた軍によって燃料供給が行われた。軍による供給が無ければ、数日間ヘリコプターは活動停止となる所であった。

消火活動の開始の遅れと不手際に対する指摘は、議員と市民からも発言されている。

原生林が多く焼失している状態に対し、焼け跡には林業関連企業による杉の木とユーカリの植林が行われるのではないかと、原生林保護活動と林業開拓問題が続く地域住民の不信感は更に募っている。

アイセン自治区の焼失した原生林の面積がメトロポリタン地方、サンティアゴのラス・コンデス、ビタクラとラ・レイナ地区を合わせた規模に該当すると比べた図もツイートされている。

 

 

情報源: Onemi entrega nuevo balance: 20 incendios forestales se encuentran activos y 35 están controlados | Emol.com

Incendio en Aysén supera récord de destrucción de los últimos 21 años: Ha arrasado con más de 15 mil hectáreas de bosque nativo

 

コメントを残す