南米のあまり知られていない絶景スポット8 

0

年々注目を集めている南米大陸、そこにはまだまだ知られていない絶景スポットが多く存在しますが、そういった場所は、観光ランキングの上位には乗っていない事が多いです。

なりたい自分

この記事でご紹介する8箇所では、観光客を迎えるために必要な設備が揃っており、大勢の観光客にもみくちゃにされる事なく楽しむ事ができます。

 

1. スリナム、パラマリボ(Surinam, Paramaribo)

元オランダギアナであったスリナムには、5つの大陸文化が入り交ざっていると言われます。ブラジル北部と大西洋の間に位置する多文化の宝石の存在は未知な部分が多く、首都の人口は僅か50万人です。
その空間に、ムスリム、ユダヤ、ヒンズーとカトリックの教会が存在します。公用語はオランダ語ですが、英語、ポルトガル語、中国語とフランス語も使われます。

国土の90%がトロピカルなジャングルに包まれ、アマゾンの美しさを愛でる事ができます。多文化共生の平穏な共存のお手本であるスリナムには、南米からの空路便はないため、陸路でブラジル又はベネズエラから入国する必要があります。

2. バニョス、エクアドル(Baños, Ecuador)

この場所は、このランキングの中では最も知られている場所かもしれませんが、そこで経験できる観光、冒険と景色は一生瞳に焼き付くものだと保証します。首都キトから車で僅か3時間、エクアドルアマゾンの入り口として知られ、温泉も湧く目的地に到着します。エクアドル火山道の一部であるバニョス・デ・アグア・サンタ(Baños de Agua Santa)はトゥングラウア(Tungurahua)火山の麓にあり、夜には噴火と流れ出る溶岩を眺められます。

この場所には、世界の果てと呼ばれトゥングラウア(Tungurahua)火山を見ながら乗れるブランコが設置されている有名なカサ・デ・アルボル(Casa de Arbol)があります。バニョス・デ・アグア・サンタから15分移動すると高さ80メートルの滝パイロン・デル・ディアブロがあります。橋と階段が設置され、散策する事ができます。

3. レンソイス・マラニェンセス、ブラジル( Lençóis Maranhenses, Brasil)

国立公園 Lençóis Maranhensesの砂丘とエメラルドグリーンの無数の池が醸し出す風景はまるで、SF映画の舞台のようです。この場所を訪れるのに適した季節は6月から9月の間で、1月から5月にかけての雨で池の水が満たされる。この場所から最も近い町Barreirinhasには宿泊施設や国立公園までの移動に関する観光情報が沢山存在する。

4. チャパダ・ディアマンティナ、ブラジル(Chapada Diamantina, Brasil)

面積15万2千ヘクタール、ブラジルのトレッキング場所として最も重要なChapada Diamantinaには、豊富な植物、川、滝と湖が存在する。特に地下の七色の湖は絶景で、この場所にたどり着くためにはLençóisをキャンプ基地として、目的地に向けて移動するのがおすすめである。数ある魅力的な場所の中には、400メートルの滝Cachoeira da Fumacaと透明度の高い水がある洞窟Poço EncantadoとPoço Azulがある。

5. チャチャポヤス、ペルー(Chachapoyas, Peru)

ペルーのアマゾナス州の州都チャチャポヤス、この場所から海抜三千メートルのプレインカ時代の町Keulap遺跡に向かいます。2つ目のマチュピチュとしても知られており、広さ6ヘクタール、円状の家が400軒、高さ20メートル長さ1,5kmの城壁が残っています。チャチャポヤスから1時間弱の所にコカチンバ(Cocachimba)はあり、そこから3時間かけて霧の原生林散策し、22の滝を越すと世界で5番目に高い滝Goctaに到着します。Goctaの滝を眺めるためには、Gocta Andes Lodgeが人気あります。

6. ウアラス、ペルー(Huaraz, Peru)

アウトドアを愛する人が求める景色、山脈、氷河、湖が楽しめるHuaraz地方。人々を惹きつける存在としてHuayhuash山脈があり、アンデス山脈トレッキングの最高の場所として知られています。また清涼なアンデス山脈の水源地Laguna69から眺めるアンデス山脈は絶景です。

7. フフイ、アルゼンチン(Jujuy, Argentina)

National Geographicに訪れたい場所2位に選ばれた事のあるフフイは、アルゼンチンの北西部に位置し、数千万年前に形成された岩で覆われた谷がある。インディアンの伝統を保っているPurmamarca族の小さな村も存在し、村の後ろには7色の山Cerro de los Siete Coloresが存在する。

8. プエルト・ウィリアムズ、チリ(Puerto Williams, Chile)

世界の果ての村。チリ南極地帯に近い人々の生活を体験したい場合はオススメの場所で、トレッキング場所としても最適である。Dientes de Navarinoコースは世界で最もアウストラルで、太平洋と南極海が打つかる所にはCabo de Hornos国立公園が存在する。

南極に最も近い場所に植物は存在しないと考えられるかもしれないが、この過酷な条件下でも在来種が確認される。また、運良ければ世界で最も大きな海鳥アルバトロス(アホウドリ)も目撃できる。その他にもクジラ、イルカ、アザラシの姿も見ることができる。プエルト・ウィリアムズに渡る方法としてプンタ・アレナスから発着している空路便、またはウシュアイアからのフェリーが利用できる。

 

 

観光情報、撮影コーディネートなどに関するお問い合わせは、こちらまで:hello@nambeiconnect.com

南米コネクトの経験豊富なスタッフが対応致します。

Puerto Williams-Nambei Connect. Ltda.

 

 

情報源: 8 destinos de Sudamérica que debes visitar el 2018 | Blog denomades.com

コメントを残す