ペルー:SPP Coffe Awards賞2年連続優勝〜オーガニック+フェアトレード

0
なりたい自分

ペルー、インカウアシビレーコーヒー農地農協(CAC)を率いるルシオ・ルケ・バスケス氏がSPPコーヒー賞の優勝杯を授与した。SPPは小規模生産者のシンボルであり、ペルーコーヒーは新たな国際認証を受けた。

受賞したCAC農協はクスコのインカウアシ地区に位置し、そこには高級コーヒーの小規模生産者とコーヒー専門家480名が加盟している。

優勝に輝いたコーヒーは海抜2100mで栽培され、種類はBoubón と Geishaを配合したもの。97.70点を獲得し文句無しの1位であった。続いてオランダが2位、コロンビアが3位に選ばれている。

CAC農協ではコーヒーの生産だけではなく、女性達の副収入に向けての研修、生産者の子供を優先したコーヒーが生活に根付いている鑑定士の育成も手がけている。

CAC農協の生産者が育てたオーガニックコーヒーは、公正な取引「フェアトレード」で米国、カナダ、スウェーデン、ドイツ、サウジアラビアに輸出され、高い品質が人気を集めている。

昨年は、サンディアビレーの中央農協が同賞を受賞しており、2年連続ペルーがSPP Coffe Awardsの頂点に輝いた出来事は、地道に製品の品質、農家の生活の質の向上、環境との共生に携わってきた人々にとって、大きな喜びと前進し続ける目標となっている。

 


情報源: Café peruano se corona como el mejor del mundo por segundo año en los premios Cafés Especiales SPP | Foto 1 de 3 | Gastronomía | Peru21

コメントを残す