チリ:アメリカ大陸最古となる人類の足跡を発見

0

チリ南部でアメリカ大陸最古となる人類の足跡が発見された。1万5千600万年前のものだと思われている。

なりたい自分

この足跡は2010年にアウストラル大学の学生によって発見され、その地域に生息していた草食動物ミロドンの足跡ではないかと詳しい調査が行われていた。

1万2千万年前の人類の足跡は今まで見つかっておらず、南米大陸でも徐々に古代人類の遺跡跡が発見され始めている。この度の発見が現在のところアメリカ大陸最古であることは間違いない。

今回発見された足跡は、チリ南部オソルノの古代人の居住区間に指定されていた場所で発掘された。

その地域では、今まで原始象の化石が発見されたりしていたが、人類の化石発見は初めての出来事である。

ビデオはこちら。

 

情報源: Descubren la huella humana más antigua del mundo | Excélsior

観光情報、撮影コーディネート、通訳業務、セミナー開催、リサーチなどに関するお問い合わせは、こちらまで:hello@nambeiconnect.com

南米コネクトの経験豊富なスタッフが対応致します。

コメントを残す