メキシコ:年初めの2ヶ月間、過去最悪の殺人事件数を記録

0

メキシコ国家公安システム事務局(SESNSP)は、20191月と2月の殺人事件発生数が約6000件で、過去最最高数であると報告した。

なりたい自分

5803人が殺害されており、昨年の同時期よりも13%増えている。特に2月の数値は20年間で最も高くなっている。

政府の調査では殺人事件の被害者数は4622人であり、SESNSPの調査結果よりも1181人少ない。誤差には、調査に用いた情報や記録の出所の違いが影響している。

調査によると32州中18州で殺人事件が増加し、最も多いのはヌエボ・レオン州で約120%増えている。その他、2月に殺人事件が最も多かった州はコリマ、グアナファト、バハ・カリフォルニア、モレロス、チワワとゲレロとなっている。

「メキシコの犯罪は定着しており、それを反転させるのは非常に難しい。組織犯罪は国家の有機的な一部分となり、そこから国家外の経済的利益のための独自の原動力が続いている。」

 

 

情報源: México registra casi 6.000 homicidios en el primer bimestre de 2019, el peor inicio de año de su historia

コメントを残す