チリ南部プエルトモントの民家セスナ機墜落事故〜死者6名、調査継続中

0
なりたい自分
4月16日午前11時前、セスナ機がプエルトモントの民家に墜落し6人の命が失われた。民家が一軒全焼し、その他にも破損した家屋がある。
 
セスナ機の所有者はArchipielago会社で、墜落原因の調査は継続中。セスナ機に乗っていたパイロット1人と5人の乗客の内1人の身元が不明な為、解剖と歯型によって身元確認捜査が行われる予定となっている。
 
事故に繋がったセスナ機が飛び立った滑走路ラ・パロマは、住宅地の近くにあり、地域の戦略的な場所に存在する。1943年に運行開始後、南部の小さな孤島に物資や人々を運ぶ役割を果たしてきた。
今回の事故により、滑走路の移転の必要性に関して市民と行政の間で議論が行われている。
 
 
墜落の瞬間の映像: https://youtu.be/rXohtsdCkh0h

情報源: Ministerio Público continúa investigando caída de avioneta en Puerto Montt | soychile.cl

コメントを残す