チリ中部:最低気温−5,2度の冷え込み

0

北極からの寒波によって、非常に冷え込む予想がされていた今週火曜日と水曜日、最も低い気温となったのはメトロポリタン地方のティルティル地区で-5,2度まで下がった。

なりたい自分

この地区は、ピルケとコリナと共にメトロポリタン地方の中でも特に冷え込む事で知られている。

水曜日のメトロポリタン地方の最低気温は以下の通り。

ティルティル -5,2度

ピルケ -4,2度

コリナ -4,7度

サンティアゴ 0,2度

プダウェル -0,6度

この寒さは明日木曜日まで続くと見られ、その後は1、2度上がる予定となっている。明日木曜日のサンティアゴの予想気温は最低気温0度で、日中の最高気温は23度まで上昇すると見られる。

この寒さでアンデス山脈の頭頂部には雪が積り、一時期雪のために国境が封鎖されていた。

情報源: Ola polar en la RM: Huechún registra mínima de -5,2 grados y es la más baja en lo que va del año | Emol.com

コメントを残す