チリ:コキンボ地方からアラウカニア地方〜真冬並みの寒さ

0

チリ気象予報(DMC)は、明日21日火曜日と22日水曜日にかけて北部のコキンボ地方から南部のアラウカニア地方で気温が急激に下がる予報となっているため注意を呼びかけている。

なりたい自分

「北極からの寒波が押し寄せ、場所によっては霜が降りる可能性もある。最低気温は−2度まで下がると見られているが山脈地帯ではそれよりも低くなるかもしれない。アラウカニア地方で最も寒い朝は火曜日で、コキンボ地方からビオビオ地方までは水曜日に最も低い気温が予定されている。」

その後、雨の予報は無く快晴となるが気温の変動が激しくなる予想となっている。この注意報の発令によって、国家緊急事態事務所(ONEMI)は急激な気温低下に伴う緊急事態に対応するためのモニタリングを始動させている。

各自治体で、路上生活者が寒さを凌ぐための仮の宿泊場所の確保に向けての取り組みが開始しており、動物愛護団体は、路上の犬達のための犬小屋作りの募金と設置した小屋を破壊しないように協力を求めている。

情報源: Pronostican temperaturas bajo cero entre Coquimbo y La Araucanía desde este martes | Emol.com

コメントを残す