ベネズエラ:国会議員7名を解任〜クーデター関与の疑い

0

ベネズエラ構成議会は最高裁判所の指示により、4月30日のクーデターに関与していた疑いのある国会議員7名を裏切りと反逆の罪で解任した。

なりたい自分

「どこからも妨げがなく、全ての階級に法の裁きを与えるための決断」だと、構成議会の議会長は発言。議会はチャビスタに独占されている。

「暴君が居なくなると思って笑顔でクーデターに活発に参加した人々全員に法の裁きが降る。」

暫定大統領グアイド氏側のセントロ・デ・コムニカシオン・ナショナルは、今回の判決が「議会の免責への違反であり、無効である」と発言している。

イタリア市民と婚姻関係にある女性議員一名は、カラカスのイタリア大使の官邸に助けを求めた。イタリア政府は、後見人としてあらゆる持て成しを保証する姿勢である。

ベネズエラ構成議会は、暫定大統領フアン・グアイド氏の処分に関してはコメントを控えている。

情報源: La Asamblea Constituyente quita la inmunidad parlamentaria a los diputados opositores señalados por el TSJ

コメントを残す