チリ:日食騒ぎ、5週目突入教職員組合のストライキ、1人2万ドルで同意Codelco従業員

2
なりたい自分

チリの教職員組合がストライキに入って4週間が経過、その間授業が無い公立小中学校の生徒達と保護者は子供の預け先等の確保や、職場への同伴など工夫に翻弄されている。また、遅れた授業数の穴埋めの為に学校によっては冬休みが短縮又は無くなるのではという噂も流れている。

先日教職員組合と教育省の話し合いが行われ、教育省側が改善方法の提案を行った。それに対して教職員組合で投票が行われたが、僅か2,09%(866票)が賛成、73,82%(30.525票)は不十分としてストライキを続行する意思を示した。その為ストライキは5周目に突入。

長期化するストライキを厳しい見解で避難する市民もいるが、公立と私立の校舎の設備の違いを示す2010年の地震後から依然として改修工事がされていない校舎の存在など、システムへの不満と平等化を求める教職員組合を応援する応援の声も続いている。(関連記事: チリ教職員組合ストライキ

一方、世界一の銅企業であるCodelcoの鉱山チュキカマタ(Chuquicamata)の労働組合がベネフィットやボーナス、給与面で会社と対立しストライキに突入して2週間、3,200人の作業員に対して1人2万ドルに値するボーナスとベネフィットを支給する事で同意に行った。ストライキ中の工場の稼働率は60%にとどまっていた。

世界最大の露天掘り銅山であるチュキカマタは、露天掘りから地下鉱山へと変更する転換期を迎えており、スムーズに進められるかが今後の生産性に関わる大きな挑戦となる。

チリで最高の皆既日食が見られるまで、あと数時間。

コキンボ州とアタカマ州には、夏場の観光シーズンを超える数の人々が集合している。大統領が皆既日食を観察するプンタ・コロラダ自治区は乾季によって枯渇した河が流れたいた場所で、そこに住む住民達は今まで大統領が訪れた事は無く、多くの観光客で賑わう村とその恩恵を喜んでいる。

労働大臣は、従業員が日食を楽しむことが出来る様に配慮するよう企業に呼びかけを行っている。来年は南部のアタカマ州でも皆既日食が観察できるが、北部の乾燥した空の方がよりはっきりとした日食を観察できる可能性がある。

くれぐれも裸眼で日蝕を見ないように注意が呼びかけられ、観察用のグラスのを求めて列を並ぶ人や販売先を訪ねる問い合わせが最後まで殺到している。

情報源:https://www.notimerica.com/politica/noticia-chile-finaliza-huelga-mina-cobre-chuquicamata-chile-aprobacion-oferta-codelco-20190628033949.html

Colegio de Profesores rechaza nueva propuesta del Mineduc y paralización comienza su quinta semana | Emol.com  

https://www.emol.com/noticias/Nacional/2019/07/02/953232/Eclipse-solar-total.html

2コメント
  1. 御立雅子 言う

    7月2日の皆既日食を観るために、ラセレナの近くのビクーニャのホテルに滞在しました。そこの従業員さんが日系人の方で、ひいおばあちゃんが日本人だったと、チリのその地に移民で日本から渡った人たちがいたことを知り、いろいろ考えました。その青年は、私に日本のこと、ひいおばあちゃんの名前の意味を知りたいと、尋ねました。ひいおばあちゃんが、日本のことを懐かしむ気持ちを彼は察していたのだろうと思いました。移民の人たちのご苦労、日本への思いを初めて考えました。

    1. Lidia Yuki
      Lidia Yuki 言う

      御立様、コメントありがとうございます。今月の皆既日食をご覧になられたのですね。チリにいる日系人の人々は、南米の他の国と違った国策で移住した訳ではない為、移住地も無く各地でそれぞれが現地に根ざしています。ラセレナでお会いになった方は、おばあちゃんの名前の意味を知り日本の人と触れられて感無量だっと思います。私も子供時代は日本を遠い先祖の国としてどこか崇めていました。いつか日本で学び、日本人らしさを継承していって欲しいというのが祖父の口癖でした。叶えられた時には、約束を果たせた様な気持ちになりました。移住地育ちの私からすると、日本に帰国する事を前提とする日本人の子供達以外の日本人の子供達が通学できる日本語学校や補習校が無いチリで日本語と日本の心を継承していくのは、難しいと感じています。貴重な経験の共有、ありがとうございます。

コメントを残す