チリ生活編:1000ペソをルカ(luca)と呼ぶ由来

どうして、チリでは1000ペソのお札のことを「ルカ (luca)」と呼ぶのでしょうか? チリで認知度の高い言葉の一つであると考えられる「ルカ」の起源はスペインから来ていると言われています。 XVIIIのスペインではある種のコインを「ペルコナス(peluconas)」と呼んでいました。そのコインには当時の伝統的な服装の人物画が描かれており、その呼び方が短くなって現在の「ルカ」になったというのです。…

チリ:3連休、320.000台の車が首都から出ると推測

24日、25日、26日と3連休のチリ、首都から約320.000台の車が出るという推測を警察が発表しました。 そのため、安全で快適に目的地に到達するための交通規制(スピードチェック、アルコールテスト、チャイルドシートとシートベルトの仕様)の管理を厳重にします。 3連休の天候はバルパライソ地方、オヒギンズ地方、マウレとビオビオ地方で雨と所により強い風が予測されているため更なる注意を呼びかけています。…

ラテンアメリカ・カリブ地域:高齢化に向かう社会

2040年には、60歳以上の人口の割合が初めて15歳以下の人口数を超え、それによって今世紀中頃には人口が減少すると国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(Comisión Económica para América Latina y el Caribe(Cepal))が報告しました。 今までのラテンアメリカは出生率が高く若い地域でしたが、現在は人口の高齢化に向けてまっすぐ進んでいます。よって、新たな人口構造を促進する政策が急がれています。…

ボリビア:イリマニ山の氷河の欠片が『世界の氷の記録』に保管される

ボリビア、ラパスのイリマニ山はボリビア山脈の一部で 温暖化の影響で消える可能性を秘めています。そのイリマニ山の氷河の奥底の欠片がICE Memory プロジェクトによって、南極に保管されます。 ICE Memoryは地球環境科学研究(IGE)のフランスの氷河学者達とイタリアの会員によって設立されました。気候変動を目前とした責任を担う、国、科学者、民間の信頼と協力による素晴らしい冒険をテーマとしています。 …

チリはペルー産ピスコの最大輸入国、両国民に好まれるピスコサワーの作り方

「ピスコ(ブドウの蒸留酒)」の定義と呼称を巡って争った歴史を持つペルーとチリですが、5月にはペルー産ピスコの生産量の37%がチリに輸入されました。トータルで30.300リットル、価格では951.000米ドルに上ります。4月と比べるとその量は29.1%下落していますが、チリはペルー産ピスコの最大輸入国なのです。…

パラグアイ:日系医師リスト

スペイン語が得意ではない又は文化的な面の理解を求めている人が、パラグアイで医師の診察が必要な状況下に置かれた際には、日本語が通じると安心すると思います。 こちらの情報は、パラグアイ日本人連合会から共有させていただきました。 下記のリンクからもリストをダウンロードできます。    …

ウルグアイ:菜園プログラムで子供がもっと野菜を食べるようになる

ウルグアイのモンテビデオ市役所、公立教育機関管理局(ANEP)とRepública大学が協力し、農学部のコーディネートの元で教育施設に菜園を造るプログラムが展開されています。 このプログラムは2005年に開始し、モンテビデオの48校とセロ・ラルゴの4校で実施されており、いずれも社会文化面で危機的状況に分類される学校です。…

ブラジル:「私は泥棒です」とタトゥーを入れられた17歳の青年のための募金活動

タトゥーの彫り師に「私は泥棒です」というフレーズを額に入れられた17歳の青年のタトゥーを除去するための募金活動が行われました。 自転車を盗もうとしていたという理由で、自転車の持ち主である彫り師は青年に罰としてタトゥーを入れ、その様子をインターネット上に投稿しバイラル化しました。その後、彫り師は訴えられ、現在は警察に拘束されています。Afroguerrilha団体は、この青年のタトゥーを除去するためのキャンペーンを立ち上げ募金を募りました。…

チリ、アラウカリア(チリマツ)の保存に関する議論

ラ・アラウカリア・アラウカナは1976年からチリの天然記念物に指定されています。法令には、「科学的、歴史的、文化的な側面から国家遺産の最も貴重な自然遺産の一つであり、また、マプチェの人々とチリ国民全体の本格的で最も高貴な伝統を象徴するものです。」と記されており、このことから、この古代からの木の違法伐採とピニョネスと呼ばれる種子の搾取は禁じられています。…

コロンビアCIAT、遺伝子組換えせずに気候変動に強い豆類を開発

「様々な気候モデルを元に、2050年には現在よりも地球の温度が3度から4度上昇すると予測されています。それによって現在豆類が播種されている地域の約50%では生育できない計算になります。」と、国際熱帯地域農業センター(Centro Internacional de Agricultura Tropical (CIAT))のJosé Polanía氏はコメントします。…