南米情報を日本語でお届けいたします

ビオレタ・パラ「ラテンアメリカ・フォルクローレの母」〜 情熱的な女性の生誕100周年

ビオレタ・パラの代表作「グラシアス・ア・ラ・ビダ」は最も知名度が高く、スペイン語圏で思い出される曲です。作曲家のチリ人ビオレタ・パラは、多くの専門家から「ラテンアメリカ フォルクローレの母」と尊敬されています。その理由は、この地域でのこのジャンルの音楽を促進し改革した人物だからです。…

チリ:1ペソと5ペソの使用終了、市場から回収されたその後、どうなる?

11月1日で使用が終了となるチリの1ペソと5ペソ、その後は市場から回収されます。 回収されたあとは、どうなるのでしょう? 中央銀行の研究開発部の責任者の説明はこちらです。 回収されたコインは、リサイクルされ、海外でのコインの生産または国内で再利用されます。 1ペソのアルミニウムは金属の生産に再利用される可能性があり、5ペソの銅にはもっと価値があると思われます。…

プエルト・リコ:ハリケーンマリア後の状況〜プエルト・リコ知事の報告

プエルト・リコの知事リカルド・ロッセリオ(Ricardo Rosselló)の発表によると、ハリケーンマリアの被害による死者は16名から34名に上昇しました。34名中19名の死亡原因はハリケーンと直接的であり、15名は関連した原因となっています。それと同時に、物質的損害は約900億ドルになると評価しました。…

アルゼンチン:毎月29日は「ニョッキ」を食べる日?

多くのアルゼンチン国民が毎月29日を楽しみに迎えます。お楽しみとなるのは、じゃがいもと小麦粉で作られた「ニョッキ」を、お好みのソースで食べることです。一般的なのはトマトソースです。 新たな月の金運と貧しさが減ることを願って食べられる伝統料理ですが、違う言い回しもあります。それは、毎日決められた仕事をせずに怠けている公務員が29日の給料日だけは、しっかりと職場に現れてお給料をもらうというブラックユーモアから、そういう公務員の事を「ニョッキ」と呼ぶのです。…

チリー日本修好120周年④:プエルトモンの診療所を訪問「歴史的な出来事」〜 日程を終了され帰国へ

チリー日本修好120周年の公式訪問を行なっている秋篠宮様ご夫妻は、9月30日にチリ南部の街プエルトモンを訪れました。2006年に日本から寄付されたリハビリ室がある、カルメラ・カルバハル診療所で、利用者と交流されました。 チリを訪問する皇室関係者がプエルトモンを訪れるのは稀で、関係者からは、歴史的な出来事だと感激した言葉が聞こえました。リハビリ室利用者は、秋篠宮様ご夫妻の謙虚さと暖かさにとても親近感を感じられたという事です。…

チリ:子供を放棄した疑いで「無実の罪」を着せられたハイチ女性が死す、移民に対する政策不足の現れ

ハイチ女性、Joane Florvil(28歳)が、カトリカ大学の病院で多機能障害が原因で亡くなりました。2日前に、重症な肝障害のため移植の可能性を検討するために同病院に搬送されましたが、脳浮腫を患っている事が判明し移植は行われませんでした。 Joaneの死を知ったチリの移民コミュニティーは、彼女の死を悲しみ10月1日(日曜日)に、彼女の魂を供養するためのロウソクに火を灯す集会「ベラトン」をサンティアゴのアルマ公園で行いました。…

パラグアイ:ラタン・エアーラインと女性パイロット軽視問題

パラグアイ人女性パイロットのレティシア・ルイス問題について、ラタン・エアーライン(Latam Airlines)はコメントを発表しました。 パラグアイ初の女性商業パイロットである、レティシア・ルイスは自身のフェイスブックページに同社から退社した理由を掲載しました。 その掲載についてラタン・エアーライン(Latam Airlines)は、差別的慣行を認めず、また、当該事件の労働問題が慎重かつプライバシーを配慮して扱われることを発表しました。…

チリー日本修好120周年③:秋篠宮様ご夫妻、バルパライソで詩人パブロ・ネルーダの博物館「ラ・セバスティアーナ」、津波対策、海軍フィールドクラブを訪問

「チリー日本修好120周年」の公式訪問でチリを訪れている秋篠宮様ご夫妻は、28日木曜日に港町バルパライソを訪問されました。現地では、ビニャ・デル・マールの海軍フィールドクラブで関係者と昼食会を楽しまれました。 今回の訪問は、地震文化に置ける両国の協力に重点を置いており、昼食会の後にはSHOA(海軍水圏サービスと海洋学)の設備を巡り、チリの津波対策テクノロジーを観察されました。 …

チリ:世界で最も大きい「ラバーダック」がチリに到着 〜 展示場所

オランダの芸術家フロレンティン・ホフマンが制作したアヒルのおもちゃを巨大化されたパブリックアートの「ラバーダック」がサンティアゴとバルパライソで展示されます。 「ラバーダック」は「Hecho en Casa」フェスティバルの展示物の一つであり、展示期間は9月28日から10月8日までです。 大きさ20メートル、幅17メートルのアヒルのおもちゃは、今まで香港、シドニー、アムステルダム、トロントとサンパウロの水辺に展示されてきました。 …

チリー日本修好120周年②:秋篠宮様ご夫妻、バチェレ大統領と会談〜歓迎セレモニー

本日27日、チリ大統領はラ・モネダ宮殿に秋篠宮様ご夫妻を迎えました。ご夫妻は、チリー日本修好120周年の公式訪問をされています。 会談中、バチェレ大統領は両国の良好な関係について述べられ、文化交流、科学分野と政治面で強硬な繋がりがあることを強調しました。 また、災害時の両国の援助と共に地震大国であることから、国連で日本の提案を支持し11月5日を「国際津波デー」と定めることを伝えました。…