南米情報を日本語でお届けいたします

チリ:国内の移住者34%を商業と観光業が雇用

近年のチリにおける移民の増加数は歴史上最も活発であり、雇用の面でも外国人が目立つ業界がはっきりしてきています。 国内商工会議所の調査会が行なった調査結果では、移住者雇用がもっとも目立つのは商業界と観光業界となっています。 チリ国内の移住者34.3%がこの2つの業界に集中し、現在64.232人が雇用されています。チリ全土の全業界の全雇用者820万人中、チリ人ではないと答えた人は18万7千人に上り、2.3%を外国人が占めています。…

チリ:氷河グレイの一部が分離

トレス・デル・パイネ国立公園内の千年紀の氷河グレイの一部が日曜日に分離し、政府関係者と専門家の間で懸念されています。 分離の原因は気温上昇によるもので、どのくらいの面積なのか測定には至っていません。今後の環境への影響をモニタリングするために、人工衛星と観光船からの監視が行われています。 *2017年11月29日追加記事 分離した氷河の面積はサッカーコート18個分、市内だと16ブロック、高さは30mで約9階建に相当します。…

チリ:観光シーズンまでもうすぐ!ビニャ・デル・マールとレニャカの海岸沿いの駐車料金が改正される

今まで夏期間の海岸沿いの駐車場料金は一律の値段でしたが、それが今年は改正される事に決定しました。 12月15日から本格的に観光シーズンへと突入するチリ屈指のバカンスの街ビニャ・デル・マールとレニャカ、昨年の海岸沿いの駐車場の利用料金は、9時ー15時、15時ー21時の1区間が一律で3000ペソでした。…

アルゼンチン:消息不明の潜水艦ARA San Juanによって、アルゼンチンの軍事予算不足が浮き彫りになる

11月15日に南大西洋で消息不明となったアルゼンチン軍の潜水艦ARA San Juanの捜索が続いています。最後の連絡があった3時間後(15日)に爆発音が確認されたとの報告もありました。 この出来事によって、1980年以降の独裁政権終了後の軍事予算不足と訓練不足が浮き彫りとなりました。南米第2の経済国であるアルゼンチン政府にとって軍事予算は優先的ではなく、この数十年の重なる経済危機によって軍事予算は僅か1%程でした。 …

アルゼンチン:潜水艦「ARA San Juan」の行方、依然として解らず

アルゼンチン海軍の潜水艦『Submarino ARA San Juan』が消息を絶って1週間、捜索活動には国内と海外からの捜索隊が配置されています。日にちが経つにつれて、乗組員の家族、政府と社会の不安は増加し、アルゼンチン船の運命に関する憶測が重複していきます。 現在の調査の進展は以下の通りです。 …

パラグアイ:ラ・コルメナ日系移住地、恒例の「フルーツエキスポ」に向けて着々と準備を進める

パラグアイ日本人移民のゆりかごとして知られる、ラ・コルメナ移住地(パラグアリ県)はパラグアイの「果物の産地」でもあります。数年前から「果物エキスポ」が催され、今年も12月22日、23日、24日の3日間に渡って開催されます。 生産者達は、すでに多数の野菜と果物の収穫に追われており、エキスポでは、代表的な産物の他にも民芸品や両国の食べ物が販売されます。 …

チリ、大統領選挙12月17日第2ラウンドで決着!

11月19日、チリ大統領選挙が開催されました。 勝利が確定していると思われていた前大統領セバスティアン・ピニェラ氏は投票数50%を獲得できず、36,64%に止まりました。 よって、次に投票数が多いアレハンドロ・ギリェル氏(22.70%)と共に第2ラウンドで争うことになります。 予想外となった、第2ラウンドでの投票結果の影響で、今朝のチリにおける米ドル為替は6ドル上昇し、売り手$632,75…

チリ:ザトウクジラがコンコン沖を海遊する時期

11月15日、コンコン沖でザトウクジラが一頭目撃されました。通常通り10月から11月にかけて、餌を求めて南下していると思われます。 平均的に繁殖場所である北部から、赤道地域に移動し、その後は餌場を求めてマゼラン海峡のカルロスIII島近くまで南下します。 …

チリ:選挙開催の19日、アルコール禁止令

大統領選挙、議員選挙と地方議員選挙が開催される19日日曜日には、アルコール禁止令、ショッピングモール閉店と従業員投票参加の許可が発令されます。 今週日曜日の選挙に向けて、サンティアゴ商工会議所は多くの法的規定を定めました。 商業に関して…

メキシコ地震で救出された、化粧品研究室のウサギ50羽が解放される

9月19日に発生したメキシコ地震の際、メキシコシティーのとある化粧品研究室から救出されたウサギ50羽が、今週火曜日に動物監視警察によって解放されました。 この研究室が入っていたビルが倒壊し始めた時、まず先に中に閉じ込められている人々の救助が行われました。その後、化粧品開発の研究用に使用されていたウサギを約50羽救出することができました。 …