Browsing Category

コラム

笑いあり涙ありのチリ高校留学エピソード2

こんにちは! 学生生活の大半を占める授業。しかし、それだけだけでなく、休み時間や皆が楽しみな昼休みがありますよね。日本では、休み時間は次の授業の復習なんか真面目にやってた記憶もありますが、チリではどのように過ごしたのでしょうか?前回に引き続き、私の実体験に基づいたチリ高校留学おもしろエピソード紹介していきます。 それでは、どうぞ~ 休み時間の過ごし方…

笑いあり涙ありのチリ高校留学エピソード

皆さん、こんにちは! 今日は私がチリの高校に留学した時の困惑、驚き、喜び、発見などのエピソードを何回かに分けて紹介したいと思います。 校則の厳しい、都内の私立女子校に通っていた私にとってチリの現地校は日々カルチャーショックの連続でした。自由度の高い現地校での一年は自由とは何かを考えさせるきっかけをくれた大切な場所でもあり、1年という短い期間に経験した1分1秒に感謝しています。…

チリ:この夏、絶対作ってみたい飲み物「Melvin」!

こんにちは!暑い日が続いてますね! 日本人にとって夏と言えば、そうめん、冷やし中華、冷えた麦茶、かき氷、スイカ!などですがチリではどうでしょうか? 今日はチリ人に人気な夏の飲み物を紹介します!!! その名も Melvin!(メルビン) 何か想像できましたか?実物を見てもらった方が早いので、ズバリこれです!! Melón con vino(メロンとワイン)。゚.*。ヽ(感w´∀`w激)ノ。*.゚。…

チリ:サンティアゴ新地下鉄6号線乗車レポート 

サンティアゴ在住のみなさん、もう地下鉄6号線には乗車されたでしょうか? 開通して一か月もたたない地下鉄6号線。 乗ってみた第一印象は広い!キレイ!静か!実に快適な移動でした。 その理由に挙げられる6つの近代的な技術をみてみましょう。 1.乗車券は自動券売機のみで対応 …

一緒にスペイン語学習の壁を越えよう3 リスニングに最適な西語の歌!

スペイン語学習者の皆さん、こんにちは! 突然ですが、スペイン語学習に飽きてきていませんか?動詞の活用の多さにモチベーション下がり気味でないですか? 今日はまさにそんな方々のために、もっとスペイン語ができるようになりたいと思えるきっかけとなる(?)かもしれない情報をシェアしたいと思います。 毎度同じことですが、何も特別な方法ではありません。皆さんも一度はやったことがあるのではないでしょうか?…

一緒にスペイン語学習の壁を越えよう2 単語暗記の裏技

こんにちは、前回巻き舌習得の裏技について紹介したRieです。みなさま、スペイン語学習用の「札幌ラーメン」、きちんと言えるようになりましたか?読者の方で今「何の話???」とハテナが頭に浮かんだ方は、一つ前の記事「一緒にスペイン語学習の壁を越えよう!巻き舌習得の裏技」に目を通してみてくださいね。…

一緒にスペイン語学習の壁を越えよう!巻き舌習得の裏技

こんにちは!ミステリーハンター系女子のRieです。 ミステリーハンター?何それ?(笑) という疑問への答えるには私が高校生の時にチリに留学した話に遡ります。 小学生の頃からの将来の夢はTBSテレビでおなじみの「世界ふしぎ発見」という番組に登場する「ミステリーハンター」になることでした。なので交換留学先で選んだのは、ミステリーハンターらしく、日本から一番遠く、国名を聞いてなにも想像できない国、チリでした。…

ブラジル:高まるファベーラ観光と可能性について

今週月曜日、リオデジャネイロで最も大きなファベーラRocinhaで警察の発砲によって亡くなったスペイン人観光客事件によって、再びこの場所の不安定さと暴力が話題となりました。その反面、観光スポットとして多くの人々を引き寄せている面もあります。 リオデジャネイロには約1000箇所のファベーラが存在し、その多くは山や丘に広がっており、街全体の景観が望めます。 …

チリ:起業の妨げになる「お役所仕事」、レストラン「Ambrosia」オーナーの悲痛な思い

サンティアゴのビタクラ地区(サンティアゴ市内の高級住宅街)にあるレストラン「Ambrosia」の女性オーナー達は、新たなレストランを開店するための手続きの「お役所仕事」に疲れ切り、新聞El Mercurioにその状況に関する投書を行いました。 チリは、日本や中国を初めとするアジアの国々の投資を増やすために、「日本・チリ修好120周年」を記念して先日東京にチリへの投資を促進させる公的機関InvestChileの事務所をオープンしました。…

ウルグアイ:アンデス山脈に墜落した飛行機事故から45年

1972年にアルゼンチンとチリの間のアンデス山脈に激突し墜落した飛行機事故の生存者の証言は世界中を驚かせ、その後映画化されました。 この事故の主人公達は、72日間に渡って想像しうる最も過酷な状況下で悲劇的な日々を過ごしました。食料、火、防寒具も無く、気温に耐えうる設備が無いまま過酷な気候に晒されたのです。…