カテゴリを見る

チリ

チリ南部マガリャネスの鉱山作業停止〜作業員解雇

環境への負荷が問題となっていたチリ南部マガリャネスのインビエルノ鉱山に対してバルディビア環境裁判所は、海抜100メートル以下での発破実行禁止予防措置を命じました。 そのため同鉱山は継続的な作業停止計画の実行を開始し、昨日火曜日に150人の従業員を解雇。今年に入ってから約500人が仕事を失っています。 インビエルノ鉱山はAngeliniグループとVon…

チリ:6月最終土曜日〜バルパライソ港でサンペドロのお祝い

今週末土曜日、156年続く、サン・ペドロのお祝いがバルパライソ州のポルタレス港とエル・メンブリリョ港で開催されます。 イエスキリストの使徒であった聖人サン・ペドロは漁師の守護聖人であり、毎年6月最後の土曜日には数千人が参加し、豊漁と漁師の無事を祈願した盛大な催しが開催されます。バルパライソの一大宗教イベントで、大勢の人々が港の揚げたての魚を食べるのを楽しみに待っています。

チリ初、ろう人形博物館7月にオープン!

サンティアゴ、ラスコンデス地区にチリ初のろう人形博物館が7月9日にオープンします。チリの歴史上人物アルトゥロ・プラットや著名人ガブリエラ・ミストゥラル等のろう人形が展示されます。 場所は、Centro Artesanal Pueblito Los Dominicos で、開館時間は午前10時半から19時まで。入場料は7000ペソとなっています。…

チリ:日本のカプセルホテルにインスピレーションを得た避難宿泊場所がオープン

サンティアゴのラスコンデス地区の区長ホアキン・ラビンは、路上生活者が冬の寒さを凌ぐための新たな避難宿泊場所を披露した。 新たな避難宿泊場所は、日本のカプセルホテルをイメージして作られ「albergue3.0」と命名されている。 室内は常に22度に設定され、食堂も完備、犬も一緒に宿泊できる。チリの路上生活者の多くは犬と生活を共にしているため、寒い屋外に取り残されないための配慮がされている。 ラスコンデス地区で路上生活者を見かけた場合の連絡先はこちら: @lc_decom…

チリ教職員組合ストライキ16日目〜特別支援教師のボーナスが鍵

チリ教職員組合のストライキが開始して2週間が経過、その間公立小中高学校は殆どが休校となっている。 ストライキへと発展した内容の中で一番の要点は、特別支援学級や言語学校などを受け持つ特別教育を専門とする教師達へのボーナスであり、チリ国内で約1万7千人が登録されている。 例えば、数学や英語の教師には特別手当のボーナスが支給されるが特別教育の教師はその対象とはなっていない。…

チリ:新しいお酒のトレンド〜ウィスキーとビールの組み合わせ

ヨーロッパからチリへやってきた新たなトレンド、それは、ウィスキーを一口飲んだ後はビールを一口。 アイルランドのミドルトンで製造されているウィスキーJameson Caskmates IPAは、このコンセプトで大きな改革を目指す。このウィスキーは3度の蒸留工程後、アイルランドの地元ビールIPAビールの製造に使われた樽で熟成される。 「このウィスキーは、IPA(Irish Pale…

チリ北部:ロス・デドス古生物学公園

チリ北部アタカマ州カルデラ自治区にあるロス・デドス古生物学公園は、良質の保存状態と量からしてチリ国内で最も重要な化石鉱床の1つであり、約370,9ヘクタールが保護区となっている。運営はカルデラ市役所によって行われ法令17,288によって国定記念物に指定されている。 今までに発見されている化石は、クジラ、マッコウクジラ、ペンギン、アザラシ、アシカ、ワニ、イルカ、魚、巨大ザメ、ナマケモノ、鳥類などがある。 ロス・デドス古生物学公園はカルデラ自治区の12km.…

トゥーロン国際大会サッカー、チリU-23代表チーム日本U-22代表チームに大敗

フランスで開催されているトゥーロン国際大会でポルトガルのチームに勝利したU-23チリ代表チームは、先々好調の様に見えた。 しかし、6月4日火曜日、対日本の試合で6−1で大敗した。予定外の結果によってチリ代表チームの予選突破は険しくなっている。 Aグループの結果は、現在日本が6点、ポルトガルが3点、チリが3点でゴールが−4点となっており、今週金曜日のイングランド戦にかかっている。…

チリ中部:最低気温−5,2度の冷え込み

北極からの寒波によって、非常に冷え込む予想がされていた今週火曜日と水曜日、最も低い気温となったのはメトロポリタン地方のティルティル地区で-5,2度まで下がった。 この地区は、ピルケとコリナと共にメトロポリタン地方の中でも特に冷え込む事で知られている。 水曜日のメトロポリタン地方の最低気温は以下の通り。 ティルティル -5,2度 ピルケ -4,2度 コリナ -4,7度 サンティアゴ 0,2度 プダウェル -0,6度…

チリ:コキンボ地方からアラウカニア地方〜真冬並みの寒さ

チリ気象予報(DMC)は、明日21日火曜日と22日水曜日にかけて北部のコキンボ地方から南部のアラウカニア地方で気温が急激に下がる予報となっているため注意を呼びかけている。 「北極からの寒波が押し寄せ、場所によっては霜が降りる可能性もある。最低気温は−2度まで下がると見られているが山脈地帯ではそれよりも低くなるかもしれない。アラウカニア地方で最も寒い朝は火曜日で、コキンボ地方からビオビオ地方までは水曜日に最も低い気温が予定されている。」…