Browsing Category

チリ

チリ:男女平等が生かされている企業ランキング〜女性の進出度

Alianza por el Género PROhumana(2020年に向けてチリにおける男女平等が更に進むことを望む企業、団体、大使館等の組織によって構成される)が行なった企業調査は11項目からなり、今年は昨年の調査よりも良い結果となった。 今年の調査に参加した企業は50社を超え、その内18社が男女平等指数(IEG)PROhumana2018を応用したとして認められた。その企業は、Bci、Cristalerías de Chile、 Eelaw、Empresas…

チリ:出生率大幅に低下、ヨーロッパ方式が対策となるか

男女平等と育児支援を柱とするヨーロッパ方式の導入で出生率低下にストップをかけられるのか。 2016年の統計によると、チリの合計特殊出生率は1,69であり、生産年齢と定年年齢のバランスを保つために必要な2,1からは程遠くなっている。 出生数は2015年から2016年にかけて5,6%減少している。 出生率の低下を改善するのに成功したフランス等、ヨーロッパの方式とは?…

チリ:キンテロ、プチュンカビ自治区〜化学汚染③ 

野党議員2名、Daniel Verdessi (DC) とDiego Ibáñez (FA) は、キンテロとプチュンカビ自治区の化学汚染の件に関して、Carolina Schmidt環境大臣に対する確信の原則に対する違反の可能性を再検討するようにバルパライソの会計検査官に要請する。 彼らは、環境大臣と化学薬品を扱う企業Oxiquim S.A.の癒着を疑っている。その理由は、環境大臣とOxiquimの理事代表Fernando…

チリ厚生省:コレラ発症に関する報告と注意の呼びかけ

チリ厚生省は、コレラが疑われる13症例に関する報告を随時行っている。そのうち7症例は公衆衛生研究所(IPS)によって毒性の弱いVibrio choleraeと確認され、2症例はマイナス反応、後の4症例まだ検査中となっている。 コレラと診断された患者は全員メトロポリタン居住者で、3名が入院を必要とした。症状は、軽度の下痢、嘔吐と脱水であった。…

チリ:バルパライソ州キンテロ自治区〜炭化水素ガス集団中毒発生②

8月24日、環境大臣Carolina Schmidtは、その週に起きた2件の集団中毒事件に伴いEnap(Aconcagua製油所)の施設の一部の運行停止を発表した。 キンテロとプチュンカビ自治区では、200人以上の人々(多くが子供)が神経症状、嘔吐、吐き気、頭痛の症状を訴え、医療施設に搬送されたり自分で受診した。…

チリ社会経済的特性調査Casen 2017〜 貧困は減少傾向・収入配分の偏りは増加

社会経済的調査Casen2017の結果が報告され、それによると全国平均の貧困は2015年の11,7%から8,6%へと減少した。そして絶対的貧困の割合は2,3%であった。 今回初めて調査対象となったアラウカニア地方とニュブレ地方の貧困の割合は全国で最も高い数値となり、アラウカニア地方の絶対的貧困数は17,2%、ニュブレ地方は16,1%、最も低いのがマガリャネス地方の2,1%であった。…

チリ:La EscondidaとCaserones両鉱山、労働組合との契約交渉終了〜合意へ

全ての業界の注目を浴びていた世界一の規模を誇るLa Escondida鉱山の経営陣と労働組合2500人との契約交渉が合意に至った。それによってストライキ突入は回避された。 合意額は、2017年にストライキに突入した際よりも約50%高額で、ボーナスと貸付金合わせて約2000万チリペソとなった。 一方でCaserones鉱山も約300人の労働者達との話し合いが合意し、最終的には補償金、契約合意ボーナス、退職金を合わせて1840万チリペソ、貸付金300万チリペソに設定された。…

Miss Chile2018優勝者Andrea Díaz〜母親はベネズエラ人

週末開催されたMiss Chile 2018、優勝に輝いたAndrea Díazの父親はチリ人、母親はベネズエラ人で、出生地もベネズエラである。 身長1,75cm、26歳、モデルとジャーナリストを職業とし、現在はサンティアゴを拠点としている。 「長年に渡って両国で生活して来ました。私の中には両文化が融合しており、自分を表しています。その事がチリ国民やベネズエラ国民としてだけではなく、世界人としての名誉を与えてくれました。」…

チリ:2018年前期、呼吸器系疾患死亡者5000人超え

チリ厚生省の最新の統計によると、今年前期1月から6月の期間、呼吸器系疾患で亡くなった人の数は5257人となっている。 そのうち、42%の死亡原因がインフルエンザ又は肺炎、24%が慢性的な呼吸器系疾患によるもので、昨年2017年の同時期よりも9%低い数値を示している。 クリニカ・アレマナのPablo Vial感染症専門医によると、もっとも危険なインフルエンザとRSウィルスの集団感染発生時期は昨年よりも4週間遅く始まっている。…