南米情報を日本語でお届けいたします
Browsing Category

チリ

チリ:ザトウクジラがコンコン沖を海遊する時期

11月15日、コンコン沖でザトウクジラが一頭目撃されました。通常通り10月から11月にかけて、餌を求めて南下していると思われます。 平均的に繁殖場所である北部から、赤道地域に移動し、その後は餌場を求めてマゼラン海峡のカルロスIII島近くまで南下します。 …

チリ:選挙開催の19日、アルコール禁止令

大統領選挙、議員選挙と地方議員選挙が開催される19日日曜日には、アルコール禁止令、ショッピングモール閉店と従業員投票参加の許可が発令されます。 今週日曜日の選挙に向けて、サンティアゴ商工会議所は多くの法的規定を定めました。 商業に関して…

チリ:サンティアゴの高級住宅地、コンドルを遠ざける対策に馬肉を使用

サンティアゴの高級住宅地ロ・バルネチェア地区は、コンドルを街中から遠ざける対策として、アンデス山脈のYerba Loca公園に餌場を設置します。 この対策の目的は、コンドルが人や野生化した野良犬に襲われることを避けるためです。 コンドルの餌となる動物の減少によって、サンティアゴ東方の住宅地の空中やバルコニーに降り立つコンドルの姿が以前よりも頻繁に目撃されています。…

日本からチリへ〜舞踊集団「菊の会」、日本・チリ修好120周年記念行事

日本を代表する舞踊集団「菊の会」が「日本・チリ修好120周年」を記念して、サンティアゴとバルパライで公演を行います。 世界57カ国、98都市で公演された「菊の会」の日本舞踊芸術がチリでもお楽しみいただけます。 公演情報はこちらです。 サンティアゴ市: ニュニョア区文化センター、ニュニョア区立劇場 11月15日 20時開演 …

チリ人Celino Villanueva〜世界一長寿な男性の可能性

当時63歳のMarta Ramirezが、火事で住むところを失い路頭に迷う運命に立たされた99歳のCelino Villanueva Jaramilloの身の回りの世話をすることを決めた時、そう長い期間にはならないだろうと思っていました。 しかし、その想像とは反対に現在のMartaの年齢は85歳、Celinoは121歳です。英国雑誌The Guardianは、Celinoが世界で最も長寿な男性の可能性があると掲載しました。…

チリ:ペニャロレン、ラ・レイナ、ニュニョア地区、断水

水道供給会社Aguas Andinasが、一時的な断水を行う通知を出しました。 断水の時間帯は、7日火曜日夜8時から8日水曜日の早朝6時まで、該当する地区はペニャロレン、ニュニョア、ラ・レイナとなっています。 飲料水の仮の給水所が15ヶ所に設けられます。 今回の断水は、定期的な検査と飲料水供給設備を新しくするための工事によるものです。 …

2017年世界最高品質ワインにチリワインが選ばれる

JamesSuckling.com と同名の世界的に有名な辛口評論家が開催した、「2017年最高品質ワイン100」のために集まった16000種類のワインの中から、100ポイントを獲得した最高品質ワインがチリ産ワインの中から選ばれました。 100ポイントを獲得して栄光のグランプリに選ばれたのは、チリのコンチャ・イ・トロのアルマビバ2015(Almaviva2015, Concha y Toro)です。…

チリ:「雑誌Forbes・世界で権力のある女性政治家ランキング」〜バチェレ大統領は何位?

チリの大統領ミシェル・バチェレが、ラテンアメリカの女性政治家としてただ一人、米国の雑誌Forbesの「世界で影響力のある女性政治家ランキング」の上位5人に選ばれました。 トップはドイツのメルケル首相、次いでイギリスのメイ首相、中華民国ツァイ・インウェン総統、バチェレ大統領は4位、欧州連合外務・安全保障政策上級代表のフェデリカ・モゲリーニが5位でした。…

チリ:先月亡くなったハイチ人女性、自傷行為ではなく警察による暴力被害の可能性が浮上

チリに移民としてやってきたハイチ人のJoane Florvilの死亡事件。子供を放棄した疑いで逮捕され、収監先で壁に頭を打ち付けた外傷が原因で亡くなったとされた悲しい事件の新たな一面が発表されました。 ロ・プラド市役所の人権保護委員会代表リア・アラヤと緊急援助病院の院長の証言が記された調査レポートが下院人権委員会に提出されました。院長は事件の鍵となりうる重要な証言を行なっています。…

チリ:起業の妨げになる「お役所仕事」、レストラン「Ambrosia」オーナーの悲痛な思い

サンティアゴのビタクラ地区(サンティアゴ市内の高級住宅街)にあるレストラン「Ambrosia」の女性オーナー達は、新たなレストランを開店するための手続きの「お役所仕事」に疲れ切り、新聞El Mercurioにその状況に関する投書を行いました。 チリは、日本や中国を初めとするアジアの国々の投資を増やすために、「日本・チリ修好120周年」を記念して先日東京にチリへの投資を促進させる公的機関InvestChileの事務所をオープンしました。…