Browsing Category

ラテンアメリカ

UNICEF警告!中米移民キャラバン〜子供達の心理的状況 

11月7日、UNICEFは、突然の移住によって厳しい道のりに引きずり込まれた中米移民キャラバンに参加している子供達の「複合的なトラウマ」、心理的なインパクトに対する警告を行った。 「キャラバンの子供達は人道的危機を経験している。身体的な影響が出る前に国連や非営利団体の介入が必要となっている。又、心理的な健康への影響が短期的、長期的に発生する可能性もある。」…

メキシコシティー、中米移民キャラバン1回目のグループが到着

メキシコと米国の国境を目指す、中米移民キャラバンの最初のグループが11月4日日曜日にメキシコシティー到着し、仮避難所のスポーツスタジアムに一時的に身を寄せている。 キャラバンを構成する人々の多くは、自国の路上暴力、経済困難から逃れ「アメリカン・ドリーム」を夢見ている。 避難所では、食事と医療援助が提供されている。メキシコシティーから最も近い米国との国境テキサス州までは残り800kmの道のりとなり、トランプ米大統領は移民の流入を防ぐ対策を次々と投じている。…

チリで仕事を求める外国人〜ベネズエラ人が最多

全国雇用団体(BNE)の失業保険利用者委員会(Comisión de Usuarios del Seguro de Cesantía)の年間報告書の抜粋によると、26.843人の外国人がチリ国内で仕事を探し求めている。 その内、ベネズエラ人が最も多く8.203人が求職サイトを利用している。ハイチ人5.007人、ペルー人4.702人、コロンビア人3.707人、ボリビア人1.724人、エクアドル898人、アルゼンチン人823人、スペイン人383人と続いている。…

イベロアメリカでの「自殺率」〜 静かに増加

イベロアメリカ(中南米、スペイン、ポルトガルを含んだ呼び方、中南米だけを指す場合もある。)が向かい合っている公衆衛生分野の問題点は「自殺」 だと言える状況が発生している。 チリはOECD加盟国の中で2番目に自殺率が最も上昇した国であり、ボリビアは、5歳から14歳までの死亡原因の中で自殺が世界3番目に多く、小児の自殺が危険ファクターとして懸念されている。WHOによると、ボリビアの15歳から29歳までの過激な死亡原因の2位は自殺となっている。…

ラテンアメリカ:水道水の値段を比較〜最も高額な街は

先週、非営利団体Fundación Aquaeによって世界56カ国236都市の水道水の値段の比較が発表された。 金額の比較は100立方メートル当たりで行われ、世界で最も高額なのはカナダのリッチモンド市、市民は100立方メートルの使用量に対して年間約1.038米ドルを支払っている。 続いてデンマークのオーデンセ市が991米ドル、オーフス市が957米ドル、エスビャウ市の859米ドル、オールボー市の852米ドルと続いた。…

チリ:大手企業代表取締役の平均給与、ラテンアメリカ1!

ラテンアメリカ6カ国の大手企業代表取締役の平均的な給与額を「給与お問い合わせプラットホームShow Me The Money」が調査した。 その調査結果によると、ラテンアメリカ地域で最も高額な報酬を受け取っているのは、チリという結果になった。 例えば、チリの大手企業代表取締役の平均的な年間給与額は1億米ドルを越し、簡単に計算すると月に24.500米ドル受け取っている事になる。この金額には、ボーナス等は含まれていない。現在の為替では、約1千700万チリペソとなる。…

ラテンアメリカ:1米ドルで買えるガソリンの量を国別に比較

ラテンアメリカで購入できる1米ドル当たりのガソリンの量の比較が掲載された。 国別に見ると、平均的に0,5lから1,1lとなっているが、ベネズエラの場合は大きく逸脱しており、僅か1ドルでトラック約90台分のガソリンが購入できる。 ウルグアイ    0,54リットル ブラジル     0,86リットル ペルー      0,89リットル チリ       0,90リットル ニカラグア     0,96リットル コロンビア       …

ドミニカ共和国:ビーチを覆うプラスチックゴミ 〜 ビデオ

多くの人にとってドミニカ共和国は、ココナッツ、白砂のビーチ、透明で暖かい海水のパラダイスというイメージである。しかし、今週末バイラル化したあるビデオには観光客が目にする事のない風景が映し出されていた。 映されているビーチは有名な観光地のものではないが、衝撃的であった。波に揺れるプラスチックゴミ、どちかというとプラスチックゴミの波とそれらが散乱した浜辺。 ビデオはParley for the…

ムヒカ元大統領からニカラグアのオルテガ大統領へ〜去る時期について

長期に渡るニカラグアの政治危機によって、かつてはニカラグアを解放した英雄として称えられたダニエル・オルテガ大統領への社会の風向きは厳しく、副大統領を務める妻ロサリオ・ムリリョと大統領の辞任を求める国民の声は増している。 そのオルテガ大統領に向けて、ウルグアイ元大統領であり現在は上院議員のぺぺ・ムヒカから以下のメッセージが送られた。ムヒカ氏は、ニカラグアの情勢を心配し、オルテガ大統領の辞任を求めている。…