Browsing Category

ラテンアメリカ

チリ:大手企業代表取締役の平均給与、ラテンアメリカ1!

ラテンアメリカ6カ国の大手企業代表取締役の平均的な給与額を「給与お問い合わせプラットホームShow Me The Money」が調査した。 その調査結果によると、ラテンアメリカ地域で最も高額な報酬を受け取っているのは、チリという結果になった。 例えば、チリの大手企業代表取締役の平均的な年間給与額は1億米ドルを越し、簡単に計算すると月に24.500米ドル受け取っている事になる。この金額には、ボーナス等は含まれていない。現在の為替では、約1千700万チリペソとなる。…

ラテンアメリカ:1米ドルで買えるガソリンの量を国別に比較

ラテンアメリカで購入できる1米ドル当たりのガソリンの量の比較が掲載された。 国別に見ると、平均的に0,5lから1,1lとなっているが、ベネズエラの場合は大きく逸脱しており、僅か1ドルでトラック約90台分のガソリンが購入できる。 ウルグアイ    0,54リットル ブラジル     0,86リットル ペルー      0,89リットル チリ       0,90リットル ニカラグア     0,96リットル コロンビア       …

ドミニカ共和国:ビーチを覆うプラスチックゴミ 〜 ビデオ

多くの人にとってドミニカ共和国は、ココナッツ、白砂のビーチ、透明で暖かい海水のパラダイスというイメージである。しかし、今週末バイラル化したあるビデオには観光客が目にする事のない風景が映し出されていた。 映されているビーチは有名な観光地のものではないが、衝撃的であった。波に揺れるプラスチックゴミ、どちかというとプラスチックゴミの波とそれらが散乱した浜辺。 ビデオはParley for the…

ムヒカ元大統領からニカラグアのオルテガ大統領へ〜去る時期について

長期に渡るニカラグアの政治危機によって、かつてはニカラグアを解放した英雄として称えられたダニエル・オルテガ大統領への社会の風向きは厳しく、副大統領を務める妻ロサリオ・ムリリョと大統領の辞任を求める国民の声は増している。 そのオルテガ大統領に向けて、ウルグアイ元大統領であり現在は上院議員のぺぺ・ムヒカから以下のメッセージが送られた。ムヒカ氏は、ニカラグアの情勢を心配し、オルテガ大統領の辞任を求めている。…

2018年世界平和度指数ランキング〜ラテンアメリカ

Institute for Economics and Peaceによって展開される、Global Peace Index 世界平和度指数は世界の平和と治安レベルを示す指数として最も知られている。 この報告の調査対象国は世界163カ国で全体の99,7%であり、各国の平和状況を現している。 2018年の世界平和が前年よりも0,27%下降し、4年連続下がった事になる。平和どの評価は、23項目の指標から決められている。…

ニカラグア社会的政治危機、国連介入

国際連合人権弁務官事務所(OACDH)の一行は、2ヶ月以上に渡るニカラグアの社会的政治危機に関する本格的な調査に乗り出した。この危機的状態による死亡者は285人と報告されている。 国連中米支部の代表Marlene Alejos を筆頭としたOACDHのミッションは、4月18日から国内で発生している暴力と不安定な状態を宣告した。…

6月12日「児童労働反対世界デー」〜ラテンアメリカの現状

子供としての時間、勉強、一度しかない幼児期を放棄して毎朝仕事に向かう児童の数はラテンアメリカでは1,250万人、世界全体では1億6800万人と言われている。 彼らは大人の子供達であり、この社会から無くなるべきコンセプトである。 この問題に少し光を当て、社会の意識を高め、この悲しい現実を解決するためのイニシアティブを推進する目的で国際労働機関(OIT)は2002年に6月12日を「児童労働反対世界デー」と定めた。…

チリ:ペルー、コロンビア、チリでの展開に向けてIKEAとFalabellaが提携

チリのSACI FalabellaがIkeaの南米初の店舗展開に向けて、親会社であるInter Ikea Sustems B.V.との覚書に調印した。 Falabellaホールディングスによると、この先10年の間にチリ、コロンビアとペルーのオンラインチャンネルの開発と少なくとも9店舗を開店する予定となっている。 投資額の評価は6億ドルとなっており、1店舗目はチリ・サンティアゴで2020年後期にオープン予定、その後はコロンビア・ボゴタとペルー・リマと続く。…

世界有数のグアラニー帯水層(南米)と米国の地政学的戦略

右翼政策の進展によってパラグアイの地理的条件が、米国の地政学的戦略に置いて重要な位置付けとなっている。 米国が強い興味を示すのは「トリプルボーダー」と呼ばれる場所で、ブラジル、アルゼンチンとパラグアイの国境地帯にあたいする。 ブラジルのルーラ前大統領、アルゼンチンのクリスティナ・キルチネル前大統領、ベネズエラのチャベス前大統領、エクアドルのコレア元大統領、ボリビアのモラレス大統領の存在感の中、米国にとって南米での影響力を保ち続けることは必要不可欠であった。…