南米情報を日本語でお届けいたします
Browsing Category

教育

パラグアイ、日本語研究センターオープン間近

23日木曜日、日本の援助によってパラグアイに日本語研究センターが開設されます。日本語を学ぶために必要な設備、調査資料、教材が揃ったセンターです。 開会式には在パラグアイ日本大使も出席され、研究センター開設プロジェクトのための日本政府からの援助額は6万7千米ドルを越します。日本政府は、日本語教育の支持、強化と普及を働きかけてきたNihon Gakkoの事業を応援することを目的としています。…

チリの3カ所で「第13回高等教育フェアー」が12月末に開催される

12月26日月曜日と27日火曜日に「第13回高等教育の推薦と登録フェアー(FPM)」がチリ国内の3つの場所で開催される。この行事は高等教育に関する情報を得られる最も大規模なイベントである。 フェアー開催場所は、マポチョ駅(首都サンティアゴ)、エスタシオン駅(ビニャ・デル・マール)、スルアクティボ(コンセプシオン)の3箇所で、午前9時から午後8時まで入場は無料。…

北海道帯広畜産大学の研究室が南米パラグアイに開設される

国立大学法人帯広畜産大学長. 奥田潔氏と帯広畜産大学教育研究協力部. 国際企画課長. 中野 昌明氏出席の元、Fundacion Nikkei Cetapar との協定によってアルト・パラナ県イグアス市に開設される研究施設の事務所についての詳しい説明が行われた。 事務所設立により、帯広畜産大学は乳業分野だけではなく、農業、酪農と獣医学分野での研究者育成と技術向上を目的とする。 Fundación Nikkei…

チリ・パタゴニアに集う科学者達

チリと日本の主要大学の科学者約200名以上が集まり、第2回Chile-Japan Academic Forum 2016が開催されています。年に2回開催されているこの集まりは東京大学、チリ大学、カトリカ大学とマガリャネス大学が主催しています。科学遺産と人類遺産であるパタゴニアは、類を見ない自然の研究所として本会議の舞台に選ばれました。…

チリ生まれの玩具が米国で受賞、子供に掛け算を教える教育玩具

学校で掛け算を覚えなければならない状況はどの子供にもやってきます。その際、本人はもちろん、教師も、親も掛け算を覚えるまで苦労をします。そんな問題を解決する手助けとなるオモチャ「HoliMaths X」を2児の母で貴社のAdriana Rubioはわずか2時間で考え出しました。3月にチリで売り出され始めてから、600個以上販売されました。 この取り組みは月の初めに米国でデビューし、「Summer 2016 Academics Choice Brain Toy…