南米情報を日本語でお届けいたします
Browsing Category

観光

ボリビア、ウユニで清掃活動する日本人ボランティア達

ボリビアウユニ塩湖の圧倒的な景色に驚愕するだけに終わらず、他の観光客に示すため清掃活動を実行した日本人ボランティア団体がいます。 最初の活動として、12月最後の日に30名のボランティアが「汽車の墓場 (Cementerio de Trenes)」を清掃しました。この場所はウユニのツアーで最も観光客が訪れる場所の一つです。 壮大な景観のウユニ塩湖ですが、最も重大な問題の一つは環境汚染と魅力を減少させ悪化させる多くのプラスチッック製品の存在です。 …

ボリビア、チャカルタヤ山、消えたスキー場

ボリビアの首都ラパスは過去最悪の乾季にみまわれている。アンデス山脈の万年雪は水の供給に欠かせない。チャカルタヤスキー場は今や思い出の場所となってしまった。 Simon Parker記者はチャカルタヤ山に放置されているスキー場を訪れた。温暖化の影響を感じることができる場所である。チャカルタヤスキー場は海抜5421m世界の中でも高地のスキー場であった。…

チリ、サンティアゴとプエルト・ナタレスを繋ぐ新たな路線

移動時間3時間10分で、サンティアゴから南部の町プエルト・ナタレスへ行く事ができるようになりました。 2017年の夏の期間は高い需要に対応するため、臨時便が2便出ます。世界に知られる観光地であるマガリャネス地方は、毎年国内と海外から大勢の観光客を迎えています。 トレス・デル・パイネ国立公園から約112キロメートルに位置するプエルト・ナタレスはこの地域の主要な街の一つです。 Latam航空のAirbus…

チリ、ビニャ・デル・マールのベルガラ桟橋、再オープン!

「庭園の街」としてうたわれるビニャ・デル・マールの見どころとして活躍していたベルガラ桟橋が安全性の面から閉鎖されたのは2007年のことで、2014年10月に修復工事が開始した。2年間の修繕期間を終え11月28日に再オープンした。 この桟橋が作られたのは1894年、ビニャ・デル・マールのシンボルの一つとして市民と観光の憩いの場であった。桟橋の再オープンによって、この地域の主要な都市シンボルの一つを回復でき、修理費用の約70億ペソは、公共事業省の経費で賄われた。…

チリ、ブラックフライデーの今週末、観光客期待

ブラックフライデーが開催される今週金曜日と29日月曜日が祝日のアルゼンチンに伴い、約3万人のアルゼンチン観光客がロス・リベルタドーレスの国境を越えてチリ側に渡ってくると推定される。 11月24日から29日の間、ロス・オルコネスでの料金場の窓口を増加し18ヶ所開通、夜間は8ヶ所。ロス・リベルタドーレスは日中10ヶ所、夜間7ヶ所、営業時間を最大限に延長する。…

エキゾチックで遠い国を好む中国へチリ観光を売り込む

美食とアルコール、バリエーションと対照的な「経験を得る観光」、チリは中国で自国への観光の売り込みを行った。 上海で行われた、チリ経済省が主催するキャンペーン「Chile Experience」のプロモーション祝賀会には、多くの企業と観光協会、ディーラーと観光を専門とするメディアが参加した。 「中国人はエキゾチックで、遠い国を好む。チリ以上に中国から遠い国はない。そして両国の関係は緊密だ。」と上海ProChileの商業外交担当César Suárezは言う。…