カテゴリを見る

ニュース

フランス検察帰国後の記者会見〜秋にもニコラス・セペダの身柄引き渡し要請を

2016年12月から行方不明となっている日本人女性と今の所ただ1人の容疑者であるチリ人男性。チリで行われた質疑応答に立ち会ったフランス検察Etienne Manteauxは、フランス帰国後に記者会見を行なった。 チリの法廷でフランス側が準備した95の質問が行われたが、ニコラスは黙秘権を行使して一言も答えなかった。事情聴取に応じたニコラスの家族も同様であった。その後、ニコラスの自宅の家宅捜索も行われた。…

ラテンアメリカで最も英語が話せる人が多い国は?

国連の6つの公用語のうちの1つである英語。中国語とスペイン語に続いて世界で3番目に最も使われている言語である。 ラテンアメリカでは、多くの学校が第二言語教育に英語を導入している。コンサルティング会社EF EPIが行なった8回目となる英語修得統計調査では、アルゼンチンが好成績で88ヶ国中27番目、「高レベル」グループの最後に含まれている。…

チリ南部プエルトモントの民家セスナ機墜落事故〜死者6名、調査継続中

4月16日午前11時前、セスナ機がプエルトモントの民家に墜落し6人の命が失われた。民家が一軒全焼し、その他にも破損した家屋がある。   セスナ機の所有者はArchipielago会社で、墜落原因の調査は継続中。セスナ機に乗っていたパイロット1人と5人の乗客の内1人の身元が不明な為、解剖と歯型によって身元確認捜査が行われる予定となっている。  …

ペルー前大統領アラン・ガルシア自殺〜逮捕前に銃で頭を撃つ

4月17日水曜日の午前、アラン・ガルシア元大統領の自宅に検察官と警官が身柄を拘束するために訪れた。 アラン氏は、リマ市の地下鉄工事の際にブラジルの建設会社Odebrechtから賄賂を受け取った問題で調査され、出国禁止措置が課せられていた。 その事件の調査に進展があり、今度は実刑判決が下った。元大統領は警察に連れていかれる前に弁護士と話すことを求め、自室に入り銃で頭部を撃った。

ペルー:SPP Coffe Awards賞2年連続優勝〜オーガニック+フェアトレード

ペルー、インカウアシビレーコーヒー農地農協(CAC)を率いるルシオ・ルケ・バスケス氏がSPPコーヒー賞の優勝杯を授与した。SPPは小規模生産者のシンボルであり、ペルーコーヒーは新たな国際認証を受けた。 受賞したCAC農協はクスコのインカウアシ地区に位置し、そこには高級コーヒーの小規模生産者とコーヒー専門家480名が加盟している。 優勝に輝いたコーヒーは海抜2100mで栽培され、種類はBoubón と…

ウルグアイ:2人目の麻疹患者〜南米で増加

ウルグアイ厚生省大臣ホルケ・キアンは2人目となる麻疹患者の報告を行い、他に4人が確認中だと発表した。 2人目の患者である女性は、タイに旅行した後に発症、1人目のアルゼンチンからウルグアイに旅行した女性とは別のケースであると説明。 アルゼンチン、ブラジル、チリでの発症数増加に伴いウルグアイ厚生省は感染の蔓延を防ぐための予防接種キャンペーンを強化している。

南米:2020年コパ・アメリカ大会〜2カ国間開催決定

本日、南米サッカー連盟Conmebolによって2020年のコパ・アメリカ大会がアルゼンチンとコロンビアの2カ国間で開催される事が正式に決定したと発表された。 「ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会として世界最古であるコパ・アメリカの2020年度開催国が決定した。開催地はアルゼンチンとコロンビアの2箇所であり、グループチームは南部と北部でそれぞれ6チームづつに分けられる。」…

チリ:ロス・ぺランブレス鉱山開発、同社最高額の資金調達〜日本の銀行も出資

チリ有数の企業家アンドロニコ・ルックシック(Andrónico Luksic)の鉱山Antofagasta Mineralsが同社歴史上最大金額となる資金調達を行なった。 今回の資金はロス・ぺランブレス鉱山の相補的インフラプロジェクト開発(INCO)の為であり、すでに建設が始まっている。 融資は2本立てで、Japan Bank for International Cooperation(JBIC)が10年返済で4億2500万ドル。Mizuho Bank、Export…