Browsing Category

ニュース

ラテンアメリカ:「ドラゴンボール超ブロリー」上映〜アクアマン、バンブルビー、スパイダーマンを超えた興行収入

「ドラゴンボール超ブロリー」がラテンアメリカの映画館で上映され、大成功を収めている。悟空とその仲間達は、アクアマン、バンブルビー、スパイダーマンを抑えて興行収入を伸ばしている。 上映された最初の週には2000万ドルの売上を達成、メキシコだけでも興行収入は650万ドルに到達した。ラテンアメリカでの上映以前の興行収入は3320万ドルであり、今回の売上金額から同大陸での人気が明らかになる。…

チリ:バンコ・エスタド銀行〜ルット口座の手数料が下がる

昨年の12月からバンコ・エスタド(Banco Estado)銀行の5カ所の支店でトライヤルされていたルット口座(CuentaRut)の新手数料、今後数ヶ月間の期間内に全支店での変更が行われる。 この変更によって、バンコ・エスタド銀行の窓口、ATMとカハ・ベシナ(CajaVecina)の利用率を向上させる目的がある。…

ベネズエラ:2018年度のインフレの記録〜150万%を超える

2018年のベネズエラのインフレが1.698.488%を記録したと野党側が発表。与党側は3年間に渡って同様のデータ公表を行なっていない。 昨年12月のインフレ率は141,75%上昇した。5年間に渡るベネズエラのインフレ問題によって、生活日用品や医薬品が不足、昨年は300万人が近隣諸国に助けを求めて国を離れた。 このままだと2019年には500万人が国を後にすると国連は警鐘を鳴らしている。…

チリ・輸入感染による麻疹患者増加〜1995年から1999年生まれに予防接種呼びかけ

チリ厚生省(Minsal)は、国内の輸入感染による麻疹感染者の増加を前に、1995年から1999年生まれの人々に向けて麻疹の予防接種を呼びかけている。 1月4日金曜日までに、23症例(男性12人、女性11人)が公衆衛生研究所によって確認されている。この状況を踏まえてチリ厚生省は、麻疹・風疹・耳下腺炎の予防接種を20歳から24歳11ヵ月29日の層に補強する決断を下した。目標人数は100万人に設定されている。…

注意!!チリ・サンティアゴ Vicuña Mackennaのバス停で爆発発生

1月4日、人が賑わう午前11:45分のサンティアゴ公共交通網(バス・メトロ)Transantiago のバス停で不審な装置による爆発が発生した。怪我人の人数は5人に上っている。 爆発が起きたTransantiagoのバス停は、Hospital del Trabajador前のVicuña Mackenna とFrancisco Bilbaoで人通りでにぎわう場所にある。…

ボルソナロ大統領、ブラジルが国連の移住協定から離れると表明

1月1日、ブラジルの大統領に就任したジャイル・ボルソナルは、今週水曜日米国の書記官にブラジルが国連の移住協定から離れると報告した。 先月、安全で整理された正規の移住のための世界協定が国連会議で認証され、152カ国が賛同し当時のブラジル大統領ミシェル・テメルは自国の協定加入を承認していた。…

チリ:離婚法施行から14年〜1530組みが同じ相手と再婚

2度同じ石でつまづくか新たなチャンスを選ぶか? という質問で始まるこの記事内容。戸籍登記所のデータ統計によると、チリで離婚法が施行された2004年5月から2018年の11月までの期間内に1530組が離婚後に同じ人と再婚している事がわかった。 チリの離婚手続きは署名に到るまでのプロセスが長く、精神的にも金銭的にも苦痛な法的手続き後に同一人物と再婚する人がかなりの人数で存在する部分が注目されている。 何がそのような決断に導くのか?…

移民キャラバンの児童2名死亡〜米国国境警備隊が健康診断を開始

米国国境警備隊は、12月24日クリスマスイブの夜に亡くなったグアテマラ移民の8歳少年の死をキッカケに、米国の監視下にある児童全員に健康診断を行うと発表した。12月初旬に亡くなったグアテマラ移民の7歳の少女に次いで二人目であり、社会的に注目を浴びている。 報告によると、8歳の少年は12月23日に体調不良でニューメキシコ州の病院に搬送され風邪と診断された。その後発熱した事があとで分かったが、その時にはイブプロフェンとアモキシシリンを処方され帰された。…

チリ:日本で開催される2019年のG20サミットに参加決定

2019年のG20サミット開催国である日本。今年に続きチリが来年も招致され、参加する事が決定した。 G20のメンバーは、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ、ロシア、サウジアラビア、トルコ、イギリス、米国、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランスとEU連合で構成されている。 2019年のサミットにはオランダ、スペイン、ベトナム、チリとその他の国々が招致されている。…

チリ移民対策〜ハイチへの帰国支援とベネズエラからのチリ人帰国支援

12月17日午前10時、3回目となるチリ空軍(FACh)のハイチ帰国便が出発。11月7日の最初の便では167人が帰国しており、今回の搭乗者は180人、帰国プロジェクトは自由志願、無料となっている。 ハイチのプエルト・プリンシペ到着後、帰りにベネズエラのカラカスから本国送還を申請した54人のチリ人と人数が確定されていないアルゼンチン人を乗せて戻ってくる。チリ国際空港到着後、アルゼンチン人帰国者は自国への便に乗り換える。…