Browsing Category

経済

メキシコ:2017年の国民の購買力、2,5%減少

メキシコで、前年と同じ生活用品を購入する為の収入が追いついていない。Conevalの調査結果によると購買力は2,5%下落し、国民の41%の収入はマーケット・バスケット(乳製品、肉類、卵、豆類、穀類、砂糖、油脂、野菜、果物、その他)よりも低い。 主にメキシコの貧困を計測するConeval(国家社会開発政策評議会)は、この現象をメキシコ国民の収入の減少と最後の月々のインフレに原因があると考える。…

チリ:漁業団体とサーモン養殖業界の株価下落〜有害藻類と赤潮の発生

本日のサンティアゴの証券取引所ではサーモン養殖業界と漁業団体が苦しい結果となり、チリ南部の赤潮発生と毒性の強い海藻の繁殖に続く不安となった。 一番下落が激しいのが漁業会社カマンチャカで5.60%の下落、アウストラリス・シーフードの5,11%とアクアチレの3,46%が続いた。 カマンチャカの提携会社サルモネス・カマンチャカは1,56%下落した。 全体的な下落の背景には、有害な藻類の大量発生によるアイセン地方とロス・ラゴス地方南部の警戒発令が関連している。…

チリ:2017年の貿易活動指数

2017年のチリの業界全体の貿易活動指数は3,9%増加した。それには、専門店ではない小売店の売上上昇が貢献した。 国立統計研究所の報告によると、一定価格の貿易活動指数は(IAC)は12ヶ月で3,1%増加し、年間で3,6%を蓄積した。 年間結果には、この指数を構成する3部門の成長観察が影響している:卸売業と小売業・自動車およびオートバイの修理(第45部門)、卸売業・自動車と二輪車を除く(第46部門)、小売業・自動車と二輪車を除く(47部門)。…

チリ:2017年の貿易黒字は69億700万米ドル

1月8日、チリ中央銀行は2017年の貿易黒字が69億700万米ドルであったと発表しました。黒字には銅の輸出回復が還元しています。 12月だけの黒字は10億5千700万米ドルに上り、12ヶ月目の輸出合計金額は67億5千200万円で過去3年間で最高額となっています。 2017年度は経年で銅の輸出が21.2%上昇し、それには銅の価格回復と生産性増加の相乗効果が関連しています。…

ベネズエラ:ガソリン不足の石油大国

世界で最も石油埋蔵量が多いベネズエラでガソリン不足の状態が悪化しています。首都でも燃料を待つ車の長い列が日常的に目撃されています。 約2週間前から、地方のヌエバ・エスパルタ、ボリバルとタチラのガソリンスタンドには最小限のガソリンが国営ベネズエラ石油(PDVSA)より配給されています。その状態が、とうとう首都のカラカスでも見られるようになりました。…

チリ:新たなミネラルの可能性に向けて調査開始

銅とリチウムを超える新たなミネラルの狩にチリが参加する事になりました。この国は赤いミネラル(銅)の世界的な最高生産国ですが、70年の時を経てある資源の調査を再開させます。 現在ニッチな資源のコバルトは銅やリチウムよりもその存在に重みが集中しています。米国のIdahoからの押しでチリ国内の新たな鉱脈調査が開始する事になりました。…

ラテンアメリカ:国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会が期待する各国の成長率2017年度

国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(Cepal)は、約2年間の経済収縮後、今年度ラテンアメリカは成長率を伸ばすと評価します。 ラテンアメリカの国内総生産は1,1%増加すると見られ、Cepalは、「地政学的な危機」はあっても希望に満ちた展望を見解します。その一つの理由は、ラテンアメリカから輸出される資源の価格改善です。…

OECD: 経済格差の最も大きい国ランキング

OECD加盟国内での経済格差が問題であり続けています。36カ国の加盟国の格差レベルが新たにOECDによって集成されました。 格差の指標は1から0の数値で表され、0が完璧な平等、1が可能な最大の不平等です。 各国に2種類の点数が与えられます。一つは市場での所得格差(賃金、資本、財産)、もう一つは再分配後の所得(税金の支払い、現金給付、社会保障)です。 全ての国で再分配後には格差が縮小されます。 OECD加盟国内で格差が最も大きい国ランキングは、…

チリ:バルパライソ州コンコン市のトルケマダ発着場が商用便の受け入れ準備

現在は海軍の発着場として運行しているバルパライソ州コンコン市のトルケマダ(Torquemada)発着場が一般の商用便を受け入れる準備に追われています。最初は夏季のみ商用便の発着陸に解放される計画ですが、その後は正式な飛行場としてオープンするために必要な資材が投入されます。…

パラグアイ:2社がゴマの自由貿易に向けて日本側の認証を得る

パラグアイ印の2社が日本の品質管理の条件をクリアし、厳しい事で知られる東洋マーケットへ以前よりも緩やかな規制の元、ゴマを輸出するチャンスを得ました。 この2社は以前よりも少ない制限で商品を流通できるようになります。15000人以上の生産者が両社と提携を結んでおり、より良い製品を生産するための技術指導を受けています。…