Browsing Category

暮らし

チリ:世界で最も大きい「ラバーダック」がチリに到着 〜 展示場所

オランダの芸術家フロレンティン・ホフマンが制作したアヒルのおもちゃを巨大化されたパブリックアートの「ラバーダック」がサンティアゴとバルパライソで展示されます。 「ラバーダック」は「Hecho en Casa」フェスティバルの展示物の一つであり、展示期間は9月28日から10月8日までです。 大きさ20メートル、幅17メートルのアヒルのおもちゃは、今まで香港、シドニー、アムステルダム、トロントとサンパウロの水辺に展示されてきました。…

チリ:独立記念日(2017年)の祝日が始まる週末、商業施設への規制は?

独立記念日まで残り数日となりました。国内商工会議所と観光サービス所は、それに伴った商業施設への規制に関する注意を呼びかけました。 法令36の作業コードによると、9月18日と19日は義務祝日と定められています。よって、遅くても17日の夜21時には閉店し、20日の午前6時までは休業となります。 特例はありますか?…

チリ:夏時間に変更!

8月12日土曜日の深夜12時に時間が変更します。 夏時間の始まりによって、時計の針を1時間早めることになります。これによって、午後の日照時間が長くなります。 マガリャネス地方とチリ南極地域を除いたチリ大陸では、8月12日土曜日の深夜12時に1時間針を進め、夜中の1時(13日の夜明け1時)に設定する必要があります。…

ベネズエラ:アビアンカ航空に続きデルタ航空も運行をキャンセル

米国のデルタ航空は9月17日のフライトを最後にベネズエラへでの運行を無期限でキャンセルすると発表しました。 中止される航路はアトランターカラカス間で、他にも運行を中止した航空会社の仲間入りをします。9月16日にアトランタからカラカスに到着し、翌日アトランタに戻る便が最後となります。デルタ航空のベネズエラ行きの航路はアトランターカラカス間だけです。…

ベネズエラ:保護を求めるベネズエラ人の申請が2017年前期で93%増加したと国連が発表

ベネズエラ人からの保護申請の数が、今年の前期だけで昨年の約倍になったと国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)が警鐘を鳴らします。 2016年には、世界中で27000人のベネズエラ人が保護を求める申請を提出しました。2017年の1月から6月までの申請数は52000人に上昇しており、93%増加した事になります。 「このデータは国際的に保護の必要性のあるベネズエラ人の一部分を表してているに過ぎない。」とUNHCRは警告します。…

チリ:コンセプシオン市、携帯依存者のための信号を設置

コンセプシオン市で最も利用されている道路であり、数多くの衝突事故が起きている場所である事から今回選ばれたパイカビとカリェ・ヌエバ道路の交差点には、携帯を見ながら道路を渡る通行者の事故を減らすための信号が設置されました。 この信号は地面に設置され、下を向いて道路を横切る人々が信号の色に気付きやすいように考えられています。この交差点では、4月にサンティシマ・コンセプシオン・カトリカ大学の学生が事故で亡くなっています。…

チリ:今週末から月曜日にかけて気温が急降下

バルパライソ地方からビオビオ地方にかけて、週末から気温が急降下する予報が出ています。日曜日の予想最低気温は−2度から0度で、寒さは月曜日まで続き、火曜日まで伸びる可能性もあります。 土曜日には、バルパライソ地方からオヒギンス地方にかけて水っぽい雪や雪が降るところもあります。気象庁は、バルパライソ地方、ビオビオ地方とアラウカニア地方、山岳地帯に積雪注意の発表を行なっています。 引用: Meteorología…

チリ:サンティアゴ、10日月曜日、空気汚染のため市が事前緊急警戒を発令

7月10日月曜日、風通しの悪さに伴い、サンティアゴ市は環境に関する事前緊急警戒を発令しました。 乗用車のナンバー規制も発表されています。 緑マークの乗用車でナンバーが5と6で終了するもの、非触媒車でナンバープレートが5、6、7、8、9、又は0で終了するものが対象となっており、午前7時半から午後9時までの間はサンティアゴ地区、プエンテアルト地区とサンベルナルド地区内では通行できません。…

チリ生活編:1000ペソをルカ(luca)と呼ぶ由来

どうして、チリでは1000ペソのお札のことを「ルカ (luca)」と呼ぶのでしょうか? チリで認知度の高い言葉の一つであると考えられる「ルカ」の起源はスペインから来ていると言われています。 XVIIIのスペインではある種のコインを「ペルコナス(peluconas)」と呼んでいました。そのコインには当時の伝統的な服装の人物画が描かれており、その呼び方が短くなって現在の「ルカ」になったというのです。…