Browsing Category

暮らし

メキシコ:2017年の国民の購買力、2,5%減少

メキシコで、前年と同じ生活用品を購入する為の収入が追いついていない。Conevalの調査結果によると購買力は2,5%下落し、国民の41%の収入はマーケット・バスケット(乳製品、肉類、卵、豆類、穀類、砂糖、油脂、野菜、果物、その他)よりも低い。 主にメキシコの貧困を計測するConeval(国家社会開発政策評議会)は、この現象をメキシコ国民の収入の減少と最後の月々のインフレに原因があると考える。…

ブラジル:リオカーニバル5日間のゴミ489トン撤去

昨年のカーニバルと比べると今年のゴミの量は36,2トン増加し、544人が公共の場で排泄した罰、98人が不法投棄で罰金を課せられた。 リオ・デ・ジャネイロで開催されたカーニバル期間中の5日間に収集、撤去されたゴミの量は486,5トンに上り、昨年の450,3トンよりも増加した。 街の南部の道路、中心部と北部は、仮装の装飾品、缶、瓶、吸い殻など、様々なゴミで溢れた。約2000人の「オレンジ部隊」、市の職員が大イベント後の清掃に取りかかった。…

アルゼンチン:「Glovo(グロボー)」 サービス広まる

Glovo(グローボ)は、アプリを利用して商品の買い物、受け取りや発送が同市内ならば、その場で、分単位内に出来るサービスシステムである。今回アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで導入された。 南米でこのシステムが導入されるのは、チリのサンティアゴ市、ペルーのリマ市に続いて3都市目となる。約170箇所との提携が行われ、その中には、知名度の高いBurger Joint、La CarboneraとLoving Hutも含まれる。…

チリ進出、中国の自転車レンタル会社

中国の自転車レンタル会社がチリに進出し、3月からサービスの提供を開始する。同企業の売上は3億ドル以上と推定され、モバイルアプリを使って自転車のレンタルサービスを行なっている。チリの首都サンティアゴが、このシステムを使ったレンタルサービスを導入するラテンアメリカ最初の都市となる。…

チリ:サンティアゴメトロ6番線の駅〜本を携帯に無料ダウンロードできる「メトロ図書館」

本の自動販売機と本を携帯に無料ダウンロードできるプロジェクト、「Bibliometro(メトロ図書館)」。サンティアゴ6番線の駅に、本との距離が更に近くなる画期的なシステムを導入し、3番線の駅に設置するための話し合いも行われている。 「本が消えてしまうかもしれないと思った。」 モバイル機器が急増して読書形態に革命が起きた時の読書家の一番の不安点だった。 「しかし、この傾向が真実ではない事を我々が忠実に反映している。」…

チリ:世界で最も大きい「ラバーダック」がチリに到着 〜 展示場所

オランダの芸術家フロレンティン・ホフマンが制作したアヒルのおもちゃを巨大化されたパブリックアートの「ラバーダック」がサンティアゴとバルパライソで展示されます。 「ラバーダック」は「Hecho en Casa」フェスティバルの展示物の一つであり、展示期間は9月28日から10月8日までです。 大きさ20メートル、幅17メートルのアヒルのおもちゃは、今まで香港、シドニー、アムステルダム、トロントとサンパウロの水辺に展示されてきました。…

チリ:独立記念日(2017年)の祝日が始まる週末、商業施設への規制は?

独立記念日まで残り数日となりました。国内商工会議所と観光サービス所は、それに伴った商業施設への規制に関する注意を呼びかけました。 法令36の作業コードによると、9月18日と19日は義務祝日と定められています。よって、遅くても17日の夜21時には閉店し、20日の午前6時までは休業となります。 特例はありますか?…

チリ:夏時間に変更!

8月12日土曜日の深夜12時に時間が変更します。 夏時間の始まりによって、時計の針を1時間早めることになります。これによって、午後の日照時間が長くなります。 マガリャネス地方とチリ南極地域を除いたチリ大陸では、8月12日土曜日の深夜12時に1時間針を進め、夜中の1時(13日の夜明け1時)に設定する必要があります。…

ベネズエラ:アビアンカ航空に続きデルタ航空も運行をキャンセル

米国のデルタ航空は9月17日のフライトを最後にベネズエラへでの運行を無期限でキャンセルすると発表しました。 中止される航路はアトランターカラカス間で、他にも運行を中止した航空会社の仲間入りをします。9月16日にアトランタからカラカスに到着し、翌日アトランタに戻る便が最後となります。デルタ航空のベネズエラ行きの航路はアトランターカラカス間だけです。…