Browsing Category

レストラン

2017年3月から法改正されるチャイルドシート利用に関して

子供を乗車させる際のチャイルドシート利用に関する法律が改正され、2017年3月から適応されます。 新条例では、9歳未満の子供がチャイルドシートを利用しなかった場合と12歳までの子供を前席に乗せて移動した際の罰が重くなりました。 改正は、子供の車での移動を安全にし死亡や怪我を減少させることを目的としています。 2016年の3月16日には、12歳までの子供の後部座席利用とシートベルト着用を義務付けする法律が適応されました。…

チリ、サンティアゴ「パリス・パレード」の為、道路封鎖情報

本日11日、ラ・アラメダで開催される「パリス・パレード」はプラザ・イタリアとパセオ・ブルネスの間で19時から行われる。その為、上記道路の間は16時から交通が封鎖される。 オスカー賞を受賞したチリの短編映画「ラ・イストリア・デ・ウン・オソ」が先陣を切る。 100人以上の踊り子たちと半ダースの風船の人物像が参加し、プラザ・イタリアを19時に出発する。 行列はラ・アラメダの北側を周りサンタ・ロサに到着。そこで、南側に移動しプラザ・ブルネスまで続く。…

車での移動の際には 必ずチャイルドシートとシートベルトの利用を !

チリの1歳から14歳までの死亡原因第1位は交通事故です。2015年だけでも73名(0歳ー12歳)が交通事故で亡くなり、4513人が怪我をしました。 このような事態を改善し子供達を交通事故から守るために、交通・通信省はCONASETと共に交通法を改正しました。 改正された点は以下の内容です。 9歳まではチャイルドシート着用義務、12歳までは後ろの座席でシートベルト着用義務。 違反の罪は、乗っている子供の親又は運転手に課せられるのか?…

復活!サンティアゴ・サンクリストバルの丘のロープウェイ

サンクリストバルの丘のロープウェイが機械の故障によって無期限で運休になったのは、2009年の6月のこと。7年後の今月11月運行を再開。サンティアゴ観光の中で人気の高かった乗り物は新調され、有名な首都の丘を遊覧する姿がまた見られるようになる。 駅は全部で3ヶ所、クンブレ、トゥパウェとオアシス。ピオ・ノノの近くからペドロ・デ・バルディビアまで路線は延長され、数ヶ月の間に、ケーブルカーとハイブリッドバスによる総合運行で補い合うことになる。…

ピザ好き必見!ピザのフェスティバル “Semplicemente Pizza”

「Semplicemente Pizza」は、150以上の出店者が集まる、イタリアンレストラン、ピザ、ハム・ソーセージ店、美食店、ワイン、料理教室、展示、子供向けイベント、フードトラック、演奏、ファッションショー等、盛りだくさんのイベントです。 イベント情報 開催日:11月24日から27日 時刻:木曜日、金曜日、土曜日:11時から23時 日曜日:11時から21時 入場料:5000ペソ(バンコ・デ・チレのカード払いで15%割引) 場所:パルケ・ティタニウン、ラス・コンデス(…

南米一の水族館「AquaRio(アクアリオ)」、ブラジル 

海に関係した観光地として有名なリオ・デ・ジャネイロにオープンした水族「Aquario」は南米一の規模を誇り、350種類、個体数8000を展示しています。 100%民間の運営であり、最新式、多機能で教育、保存、観察と娯楽と科学博物館としての役割と見所を備えています。 引用: AquaRio - Aquario Marinho - Sobre

チリ、サンティアゴのアルマ公園でフォルクローレの午後

「私の公園でクエカとフォルクローレ」 と名付けられたイベントが明日土曜日1時から開催されます。メトロポリタン地域と地方から大勢のグループが参加し、踊りを披露します。 フォルクローレ文化の普及、公共の場の使用と市民参加を目的とする、3回目の「私の公園でクエカとフォルクローレ」の開催場所は、サンティアゴのアルマ公園です。 入場料無料、家族向けイベントは休憩なしで7時間に及び、クエカの踊りと音楽に包まれた午後を約束します。 引用: Plaza de Armas…

Tripadvisor利用者が選ぶサンティアゴの公園ベスト10!!

屋外の活動が楽しみやすい季節になりました。気軽に散策、スポーツやピクニック、首都サンティアゴには公園が沢山あります。その中でもTripadvisorを利用者が選ぶ、行って損をしない公園ベスト10は以下の通りです。 1.メトロポリタノ公園 世界的に見ても規模の大きい都市公園で、都会の喧騒から離れられる場所です。小さな日本庭園もあります。 2. アラウカノ公園 運動とピクニックに最適な広い公園は、付近で仕事をしている人々の憩いの場であり、ロマンチックなバラ園があります。 3.…

チリ生まれの玩具が米国で受賞、子供に掛け算を教える教育玩具

学校で掛け算を覚えなければならない状況はどの子供にもやってきます。その際、本人はもちろん、教師も、親も掛け算を覚えるまで苦労をします。そんな問題を解決する手助けとなるオモチャ「HoliMaths X」を2児の母で貴社のAdriana Rubioはわずか2時間で考え出しました。3月にチリで売り出され始めてから、600個以上販売されました。 この取り組みは月の初めに米国でデビューし、「Summer 2016 Academics Choice Brain Toy…