Browsing Category

テクノロジー

チリのサンドイッチレシピが無料で手に入るアプリ

チリの外務大臣 Heraldo Muñoz氏は、「国内のサンドイッチは国の財産でありアイデンティティ」だとコメントしました。 19日木曜日、Fundación Imagen de Chileが開発した「Chile Sandwiches」というモバイルアプリが外務大臣によって発信されました。チリ国内と海外で展開させることを目標として30種類以上のレシピが掲載されています。…

メトロ・サンティアゴ来年から42%のエネルギーが太陽電池

2017年よりメトロ・サンティアゴはエネルギー使用量の42%をソーラーエネルギーで補う。プロジェクトには2.5億ドルが投資された。 「ペリカノ」と名付けられたプロジェクトはコキンボ地方のラ・イゲラの国の所有地186ヘクタールに配置され、SunPower社によって運営される。…

チリ発二人乗りソーラーカー、サンティアゴからアリカまで縦断

チリ大学の物理化学と数学学科が開発した、二人乗りソーラーカー「Eolian Fenix」 の発表会にバチェレ大統領が出席し開発者に祝福の言葉を述べた。 「この自動車は二つの特徴を持ち合わせる。クリエィティブな解決方法の証明と資源と環境に注意したやり方。」 Eolian Fenixはこの開発グループによって誕生した5台目の車で、カーボンファイバーの車体、ケイ素のクリスタルのソーラーパーツは全部で5平方メートル、車のエネルギーを生む役割がある。…

新しく改善されたUber料金提示方法とCabifyの支払い方法

Uber 携帯端末から車を手配できるウーバーが今までの変動的な料金提示方法を変更したと発表。 これからは、乗車した時点で目的地までの料金がわかるようになる。チリで導入されるこの方法は他の国ではすでに実行されている。 事前提示料金は、目的地の住所から距離を割り出し、渋滞、予測時刻、車を申請している利用者数、可能ドライバー数によって割り出される。…

ロボット工学の天才、ボリビア・アイマラ族の青年

アイマラ族の青年、Esteban Quispeはロボット工学の天才ボリビア人として知られている。国際的に有名になり、大学から奨学生として招待されていたが、それを断って自宅の粗末な作業場でコツコツ作業を続けている。映画Wall-Eの主人公であるロボットWall-Eのレプリカ、ボリビア人Wall-Eをゴミ捨て場のリサイクル用品から作成し、話題となった。…

Samsungチリ、Galaxy Note 7 の返品・返金を受け付ける

Samsungチリは国内でのGalaxy Note 7の返品を受け付けると発表した。国内ではオフィシャルに販売には至っていないが、どこで購入したのかにこだわらず責任をもって保有者にはGalaxy Note 7の返品または返金を行う。返品のためには、Samsungチリの消費者サービスセンターへのコンタクトが必要で、電話番号は固定電話からは8007267864 、携帯端末からは 224828200 である。 引用: Samsung reemplazará su cancelado…

電気通信次官が今朝の警告メッセージに対し、モビスターに最大1,000 UTM (約4,500万ドル)の罰金の支払いを発表

今朝約5:45にさまざまな地域で何千人もの人々に警告メッセージが放たれた後 電気通信、次官は、モビスターが独自に起こした結果に直面する事になると発表した。 電気通信省(Subtel)は依然として影響を受けたユーザーの最終的な数を決定するために情報を収集しているが、最大のメッセージ到着数は約800,000人であると推定されている。 同次官はメッセージは管轄当局に正式に送信された物では無く、電話会社によって行われた技術的なテストの一部とみなされていることを発表した。…