Browsing Category

テクノロジー

チリ・日本:アルマ展望台で新たなブラックホールが日本人研究者によって発見される!

銀河系の中心に位置する毒ガス雲の中から、太陽よりも10万倍大きいブラックホールが、新たに日本人天文学者達によってチリ北部のアルマ展望台で発見されました。 天文学、宇宙物理学、惑星科学の最先端の論文や解説を掲載するジャーナルNature Astronomyに載せられた内容が確定すれば、「いて座A(Sagitario A)」に続く大きさのブラックホールの発見となります。…

ブラジル:ティラピアの皮、火傷治療における「コロンブスの卵」

広い火傷を負って、病室のベッドに横たわる22歳のFrancisco Rostana Gabrielの両足と片腕の火傷は魚の皮で覆われています。ブラジルのFortaleza市民病院の火傷専門科に入院している患者の火傷部分を覆う魚の皮は、カチコチに固まり、硬い皮に変化しています。 ガス爆発によって広範囲の火傷を負ったGrabrielは病院に運ばれ、傷口の消毒など通常の治療を受けましたが、翌日になって包帯を変える時には激痛に襲われ、再度焼かれるかのような痛みを感じました。…

チリ:コンセプシオン市、携帯依存者のための信号を設置

コンセプシオン市で最も利用されている道路であり、数多くの衝突事故が起きている場所である事から今回選ばれたパイカビとカリェ・ヌエバ道路の交差点には、携帯を見ながら道路を渡る通行者の事故を減らすための信号が設置されました。 この信号は地面に設置され、下を向いて道路を横切る人々が信号の色に気付きやすいように考えられています。この交差点では、4月にサンティシマ・コンセプシオン・カトリカ大学の学生が事故で亡くなっています。…

アルゼンチンでの販売停止から6年、再びiPhoneの販売開始

キッシュネル政権時代、国内生産を促進させるために輸入に関する足かせが重く、アップル社はアルゼンチンから撤退していました。それから6年後の今年4月、再び製品を市場に売り出す結論に至ったと電話業界が発表しました。 よく知られているスマートフォンの販売は4月7日に整えられ、ブラジルのClaro社が当初は専有権を保有すると見られています。 Claro ArgentinaのディレクターFernando del…

¡3月17日から、UberKIDS が利用できます!

3月17日から新たな交通法が施行され、車に子供を乗車する場合にはチャイルドシート仕様が義務化されます。それに伴いUberでも子供用品メーカーInfantiと提携して、UberKIDSが利用できるようになります。 このオプションは同アプリケーションの中で新たなカテゴリーに加えられ、チャイルドシートを保有している車の選択ができます。チャイルドシートは車1台につき一つで、体重制限は25キロまでです。 …

海外からチリに持ち込んだ携帯端末、7月から登録義務化

携帯端末を巡る規則が変更し、チリ国内で使用される全ての端末の登録が義務化されます。電話会社や販売代理店で販売されている携帯端末を除き、個人で海外から購入または持ち込んだスマートフォンは登録する義務が課せられ、怠った場合には現地の電話網に接続できないようになります。…

チリのサンドイッチレシピが無料で手に入るアプリ

チリの外務大臣 Heraldo Muñoz氏は、「国内のサンドイッチは国の財産でありアイデンティティ」だとコメントしました。 19日木曜日、Fundación Imagen de Chileが開発した「Chile Sandwiches」というモバイルアプリが外務大臣によって発信されました。チリ国内と海外で展開させることを目標として30種類以上のレシピが掲載されています。…

メトロ・サンティアゴ来年から42%のエネルギーが太陽電池

2017年よりメトロ・サンティアゴはエネルギー使用量の42%をソーラーエネルギーで補う。プロジェクトには2.5億ドルが投資された。 「ペリカノ」と名付けられたプロジェクトはコキンボ地方のラ・イゲラの国の所有地186ヘクタールに配置され、SunPower社によって運営される。…

チリ発二人乗りソーラーカー、サンティアゴからアリカまで縦断

チリ大学の物理化学と数学学科が開発した、二人乗りソーラーカー「Eolian Fenix」 の発表会にバチェレ大統領が出席し開発者に祝福の言葉を述べた。 「この自動車は二つの特徴を持ち合わせる。クリエィティブな解決方法の証明と資源と環境に注意したやり方。」 Eolian Fenixはこの開発グループによって誕生した5台目の車で、カーボンファイバーの車体、ケイ素のクリスタルのソーラーパーツは全部で5平方メートル、車のエネルギーを生む役割がある。…