南米情報を日本語でお届けいたします
Browsing Tag

アルゼンチン

ウルグアイ「世界最大のバーベキュー」ギネス世界記録更新

ウルグアイ南部のミナス(Minas)で、100人の以上の料理人によって1.5トンを超える牛肉が焼かれ、「世界最大のバーベキュー」としてギネス世界記録を更新した。 「私たちは10月からこのイベントに取り組んできた。」とRobert Bayarres氏は語った。また、「牛肉の他にもポテトサラダを4千キロも用意した。もしわかっていたらポテトサラダの世界記録にも挑戦できたかもしれないが、時間が足りなかった。」と述べた。…

¿中南米で最も本を読む国は?

中南米の多くの作家は小説で成功し文学の世界で知られています。その中でも、ガルシア・マルケス、コルタサル、バルガス・リョサとフエンテスはラテンアメリカブームの先陣を切り、その時代と比べると現在の読者数は少なくなっています。…

アルゼンチン:潜水艦ARA San Juanの水底探索続く

現在もまた発見されていない、アルゼンチンの潜水艦ARA San Juanの水底探索のために、37機が搜索活動を行なっています。2週間前に最後の通信が行われ、その後爆発音が確認されたと海軍が報告しています。 依然として潜水艦の位置特定には至ず、現在の搜索は主に海底の3Dマッピングに基づき、13カ国が協力を行なっています。 情 報源: ARA San Juan, radiografía a su…

アルゼンチン:消息不明の潜水艦ARA San Juanによって、アルゼンチンの軍事予算不足が浮き彫りになる

11月15日に南大西洋で消息不明となったアルゼンチン軍の潜水艦ARA San Juanの捜索が続いています。最後の連絡があった3時間後(15日)に爆発音が確認されたとの報告もありました。 この出来事によって、1980年以降の独裁政権終了後の軍事予算不足と訓練不足が浮き彫りとなりました。南米第2の経済国であるアルゼンチン政府にとって軍事予算は優先的ではなく、この数十年の重なる経済危機によって軍事予算は僅か1%程でした。 …

アルゼンチン:潜水艦「ARA San Juan」の行方、依然として解らず

アルゼンチン海軍の潜水艦『Submarino ARA San Juan』が消息を絶って1週間、捜索活動には国内と海外からの捜索隊が配置されています。日にちが経つにつれて、乗組員の家族、政府と社会の不安は増加し、アルゼンチン船の運命に関する憶測が重複していきます。 現在の調査の進展は以下の通りです。 …

ベネズエラ人2人、自転車で「世界の果て」に到着!

ベネズエラの若者2人が夢である「世界の果て」を目指すために、全てを放り出した旅に出ました。2人乗り自転車で周った総距離は21.000㎞、訪れた国は7カ国、19ヶ月間に渡る冒険でした。 「サイクル探検隊」として知られる男女Getsemaní Peina yとMarco Díazは、冒険を愛するカラカス出身者。2015年11月7日、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸を横断する夢を掲げて、自分達の脚の力を頼りに「エコな目的」に向かって旅立ちました。…

アルゼンチン:ニューヨークの車暴走事件で犠牲となった5人の遺体が帰国

10月31日に発生したニューヨークでの車暴走事件で被害者となったアルゼンチン人5人の遺体が本日ブエノスアイレスに到着し、故郷のロサリオに向けて警官隊の護衛の元、霊柩車で移動しています。 ロサリオまでの移動距離は約300kmに及び、ロサリオ到着後に通夜と葬式が行われます。犠牲者となった5人は、専門学校卒業30年記念の旅行のためにニューヨークを訪れていました。…

アルゼンチン:従業員によるストライキで、31日の「Aerolíneas Argentinasは全便キャンセル」

本日10月31日、従業員のストライキによってAerolíneas Argentinasは全便をキャンセルしました。 ストライキの要望は、インフレの上昇に伴う給与の値上げだと、航空会社は説明しました。 全従業員のストライキによって、31日の全便キャンセルを余儀なくされ、近日中の便に再予約されることになります。…

ウルグアイ:アンデス山脈に墜落した飛行機事故から45年

1972年にアルゼンチンとチリの間のアンデス山脈に激突し墜落した飛行機事故の生存者の証言は世界中を驚かせ、その後映画化されました。 この事故の主人公達は、72日間に渡って想像しうる最も過酷な状況下で悲劇的な日々を過ごしました。食料、火、防寒具も無く、気温に耐えうる設備が無いまま過酷な気候に晒されたのです。…