Browsing Tag

サンティアゴ

チリ:速報!キンテロとプチュンカビ自治区に健康に関する警告を発令

環境大臣Carolina Schmidtは24日午前、環境汚染を元にキンテロとプチュンカビ自治区に健康に関する警告を発令した。 これによって地区の汚染物質を排出している工場の作業を一時停止する事が可能になる。 それに加えて、政府は二酸化硫黄の時間基準による環境法を強化すると発表した。 約2週間前から発令されていた黄色警報が取り消され、1万人近い学生達は本日授業に戻った。…

チリ厚生省:コレラ発症に関する報告と注意の呼びかけ

チリ厚生省は、コレラが疑われる13症例に関する報告を随時行っている。そのうち7症例は公衆衛生研究所(IPS)によって毒性の弱いVibrio choleraeと確認され、2症例はマイナス反応、後の4症例まだ検査中となっている。 コレラと診断された患者は全員メトロポリタン居住者で、3名が入院を必要とした。症状は、軽度の下痢、嘔吐と脱水であった。…

新規求人情報〜チリ・サンティアゴで社長秘書を緊急募集!

チリ、サンティアゴの貿易会社が社長秘書を緊急募集しています。 上級レベルの英語力(ネイティブレベル)と日常会話以上の日本語力、運転免許証が必須です。 仕事内容 スケジュール、出張、交通、宿泊など社長のスケジュール管理 担当部署のコスト管理(経理に報告するため) 電話、メール対応 海外からの客人への対応(宿泊、銀行口座、クレジットカード、個人的な買い物) 応募条件 同ポストでの職務経験(最短2年間)…

チリ・サンティアゴ:Providencia地区で露店の取り締まり開始、初日は22件を検挙 

2018年8月2日、サンティアゴのプロビデンシア地区で露店を禁止する条例が施行された。 初日の取り締まり件数は22件で、そのうち17件は許可無しの路上での物品販売で警察署に任意同行となり、1件のタバコの違法販売、2件の麻薬の密売、その他は罰金が課せられただけで自由となった。 販売されていた品物は徴収され、又、露店で買い物をしていた買い物客5人にも罰金が課せられた。 プロビデンシアの区長Evelyn…

注意!8月2日午後、チリ・サンティアゴセントロで断水

本日8月2日、サンティアゴセントロの一部分が午後から断水となります。 理由は、設備のリニューアルと改善のためであり、断水時間は午後15時(8月2日)から明朝5時(8月3日)までを予定しています。 断水の影響を受ける区間は、東側avenida Vicuña Mackenna、西側Abate Molina、南側Pedro Montt、Carlos Silva Vildsola、Placer、北側Blanco Encalada、Eyzaguirreと10 de…

チリ中央日本人会(Sociedad Japonesa de Beneficiencia)の活動

チリ共和国、首都サンティアゴのSociedad Japonesa de Beneficienciaは、チリ在住の日本人とその家族の友情と参加を強化する事を目的とした非営利団体です。 日本文化の継承に力を入れ、日本語教室、着付け、茶道、七夕、子供の日などの催しを行っています。 7月28日には、着物フェスティバルが開催されました。                                        …

チリ・サンティアゴ:4地区に渡った大規模停電の原因を発表

電気供給会社Enel DistribuciónのVíctor Taveraは、昨夜のサンティアゴ4地区の広範囲な停電の原因は第三者によるものだと発表した。 停電被害は25万世帯に影響を与えた。エネルギー省の高電圧専門家と警察部隊Gopeの調査でHuechurabaでテレコミュニケーションのケーブルの一部が焼かれている部分が発見された。 それが原因でEl Almendro-El Salto間で回路がショートした。犯人の目星はついていない。…

チリ・サンティアゴ:強盗を防ぐ目的で信号機の点灯時間感覚を短縮させる

チリ交通省と犯罪防止事務局は、メトロポリタン地方の1200基の信号機の点灯時間の感覚を短縮すると発表した。 この措置は、夜間9時から午前7時までの安全性を上昇させる目的を持ち、その他、交通量の少ない時間帯にも当てはめられる。特に赤信号の点灯時間が短くなる。 「人通りの少ない地域では、夜間の赤信号停止時に強盗に襲われるケースが多いため、それを軽減する目的がある。」…

チリ:サンティアゴで数十年ぶりの雪あられ

11日、サンティアゴで降った白い物体の正体は雹でも雪でもなく、雪あられだと解析された。 11日午後15:30分を少しすぎた頃、プロビデンシア、レンカ、ラス・コンデス、キリクラ地区などを雲が多い雪あられが降った。 数十年のぶりに雪あられが降った時間帯のサンティアゴの気温は2,7度、低い気温によって溶けなかった雪あられが地表に積もり、まるで雪景色のように映えた。 今週も気温が低い日が続く予報となっている。…

チリ中心部、今週末雨予報と山脈地帯では雪の可能性

雨予報が出ているメトロポリタン地方と中心部の今週末は更に低い気温が予想される。サンティアゴでは9日土曜日の夜から雨が降り出し、ロ・バルネチェア地区など、山脈に近い場所では霙まじりの雨となる可能性がある。 雨とみぞれの状態は土曜日の夜から日曜日いっぱいにかけて続くと見られ、土曜日の予想最低気温は5度、予想最高気温は10度であり、日曜日は3度と9度で少し下がる。…