ブラウジングタグ

チャペコエンセ

ブラジル:2016年飛行機墜落事故「チャペコエンセの悲劇」の生存者Rafael Henzel死亡

コロンビアで発生した飛行機墜落事故「チャペコエンセの悲劇」の6名の生存者の1人である記者のRafael Henzel(45歳)がチャコペ市で26日火曜日に心臓発作のため亡くなったと報道された。 Henzelは毎週火曜日にサッカーを遊ぶ仲間たちと集まっている間に心臓発作を起こし、街の病院に搬送され、搬送先で亡くなったと「Folha」によって発表された。…

2016年コパ・スダメリカナカップの優勝者はチャペコエンセチーム

スダメリカナ・フットボール・コンフェデレーション(Conmebol)は本日月曜日にコパ・スダメリカナの優勝チームはブラジルのチャペコエンセチームだと正式発表した。 去る11月29日に飛行機墜落事故にあったこのチームは選手の大半とコーチを亡くしている。その事故についての記事は、こちらのリンクに記述されている。 チャペコエンセ、初の国際試合決勝戦に参加するはずだった質素なチーム コロンビア、飛行機墜落事故前の音声のやりとりが発表される…

コロンビア、飛行機墜落事故前の音声のやりとりが発表される

チャペコエンセチームとスポーツ記者を乗せた状態で墜落したLaMia航空、同じ時刻に着陸体制で近くを飛行していたAvianca航空のフアン・セバスチャン・ウペギ副操縦士による事故の説明が発表された。 音声には航空管制官が同時に4機と連絡を取る様子が録音されている。Avianca de Upegui航空、Lan Colombia航空、 Viva Colombia 航空と墜落したLaMia航空と着陸滑走路のコーディネートを行っている。…

チャペコエンセ、初の国際試合決勝戦に参加するはずだった質素なチーム

勝利まで後一歩、のところまで来ていた。チャペコエンセ、西の緑(ユニフォームの色に基づいた呼び名)又は西のハリケーンとしてブラジル国内で知られているチームが設立されたのは1973年、サンタ・カタリナの地方チャペコの街のサッカーを生き返らせるためだった。 その名前が知られるようになったのは、スダメリカナカップの決勝にたどり着いたからであった。30日水曜日にはコロンビアのメデジンでアトレティコ・ナショナルと試合をするはずだった。…