ブラウジングタグ

チリ

チリ:ヒマラヤ山脈カンチェンジュンガ主峰登頂後、チリ人登山家行方不明

ヒマラヤ山脈の主峰であるカンチェンジュンガの登頂を果たし、下山し始めていたチリ人登山家ロドリゴ・ビバンコが行方不明になって1日以上が経過している。 カンチェンジュンガの高さは8.586mで、エベレスト(8.848m)とK2(8.611m)に次いで世界で3番目に高い山であり、また、世界で4番目に危険な山としても知られている。 チリ人登山家が行方不明となった同日、別の登山家2名の死亡が確認された。1人は登頂前に体調を崩し、もう1人は下山途中で雪崩にあった。…

チリ教育省、公立小学校の生徒を対象に13万台のノートブックを支給

今年もチリ教育省は公立小学校の生徒に対して13万台のインターネット接続のあるノートブックを支給する。配布は来週開始する。 このプロジェクトはTICアクセス奨学金の一部で、生徒が学習に必要な情報を収集しデジタル世界へのドアを開けるのを目的としている。 チリ全土で小学7年生に配布される(チリの小学校は8年制度)。また、特別支援学級(聴覚、視覚や知的障害)が必要な生徒2471人も対象となっている。…

チリ:アメリカ大陸最古となる人類の足跡を発見

チリ南部でアメリカ大陸最古となる人類の足跡が発見された。1万5千600万年前のものだと思われている。 この足跡は2010年にアウストラル大学の学生によって発見され、その地域に生息していた草食動物ミロドンの足跡ではないかと詳しい調査が行われていた。 1万2千万年前の人類の足跡は今まで見つかっておらず、南米大陸でも徐々に古代人類の遺跡跡が発見され始めている。この度の発見が現在のところアメリカ大陸最古であることは間違いない。…

仏日本人留学生行方不明事件〜フランス当局来智、明日容疑者に尋問予定

15日月曜日、フランス当局の検察官を始めとする団体がチリに到着。16日の正午過ぎに記者会見が行われた。 「セペダが我々が持っている証拠に対する質問を全て答えてくれる事を願っている。明日、疑いが晴れるような答えを与えない可能性がある。引き渡しに関しては第2ステージとして提起することもあり得る。」 とフランスの検察官は発言した。 ニコラス・セペダに行われる尋問内容に関しては極秘であり、明日、尋問が行われるという日程に対しても明確にする事を避けた。…

チリ:OECD加盟国内で2番目に肥満率が高い国に〜深刻な状況

チリ国民15歳以上の34,4%が肥満であり、米国の40%に次いでOECE加盟国内で2番目に肥満率が高い国となった。 FAOの調査によると、過去40年間でチリ人男性は9,4kg、女性は8,5kg体重が増加し、今後も増加傾向にあると見られている。2016年と2017年の間に15歳以上の肥満成人の割合が9,3%増加、2016年にはOECD加盟国中8位(25,1%)だったが2018年には2位に上昇した。…

チリ:ロス・ぺランブレス鉱山開発、同社最高額の資金調達〜日本の銀行も出資

チリ有数の企業家アンドロニコ・ルックシック(Andrónico Luksic)の鉱山Antofagasta Mineralsが同社歴史上最大金額となる資金調達を行なった。 今回の資金はロス・ぺランブレス鉱山の相補的インフラプロジェクト開発(INCO)の為であり、すでに建設が始まっている。 融資は2本立てで、Japan Bank for International Cooperation(JBIC)が10年返済で4億2500万ドル。Mizuho Bank、Export…

世界で最も高額なサッカープレイヤーTop10〜南米出身者多数

世界で最も高額なサッカープレイヤーTop10が発表された。 その内南米出身者は、ルイス・スアレス(ウルグアイ)、リオネール・メッシ(アルゼンチン)、エセキエル・ラベッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル)、フィリップ・コウティニョ(ブラジル)、アレクシス・サンチェス(チリ)で、総勢6名がTop10入りしている。 それぞれの契約金額は以下の通り: 1位 リオネール・メッシ(所属チーム バルセロナ)   1億3000万ユーロ 2位 …

チリ:イキケでデング熱を媒介する種類の蚊を確認

今までチリ本土では生息が確認されていない蚊Aedes aegyptiが、チリ北部イキケで初めて確認されたと公衆衛生研究所(ISP)が報告を行った。 この種類の蚊は、デング熱、黄熱病、ジカ熱、チクングニア熱の病原菌を媒介し、人に感染させる事で知られている。今回の蚊は3月21日に女性刑務所で確認され、直ちに管理体制が取られた。 発見された蚊の幼虫は、調査の為に公衆衛生研究所に運ばれた。調査の結果、Aedes…

OASアメリカ大陸麻薬摂取調査2019の結果〜チリの高校生が上位

米州機構(OAS)が行った最新の「2019年アメリカ大陸における麻薬摂取に関する調査」によって、調査対象国32カ国中チリの高校生の摂取・使用の多さが明らかとなった。 El Mercurio新聞に掲載された内容によるとチリの高校生の喫煙率は24%で、アルゼンチン、メキシコとボリビアの15%を上回っている。 マリファナの場合は、チリの若者の30%が試した事があると答え、アンティグア・バーブーダの25%弱、米国の約23%を超えている。コカインの場合は約4%となっている。…

南米のあまり知られていない絶景スポット8 

年々注目を集めている南米大陸、そこにはまだまだ知られていない絶景スポットが多く存在しますが、そういった場所は、観光ランキングの上位には乗っていない事が多いです。 この記事でご紹介する8箇所では、観光客を迎えるために必要な設備が揃っており、大勢の観光客にもみくちゃにされる事なく楽しむ事ができます。 1. スリナム、パラマリボ(Surinam, Paramaribo)…