Browsing Tag

チリ

仏日本人留学生行方不明事件〜仏検察がチリで容疑者と接見要請

一昨年12月からフランスで行方不明となっている日本人留学生の事件。事件から2年を目前に、フランス検察はチリ国内での容疑者との接見を要請している。 本日19日月曜日の会見で、フランス・べサンソンの検察は日本人女性が元交際相手のチリ人男性(現在はチリ・サンティアゴ居住)によって窒息死させられたとの見解を発表した。…

モトクロスSix Days of Enduro- ISDE Chile 2018、開催中!

International Six Days of Enduro (ISDE) 2018に参加している27ヶ国の代表団、約446人のドライバーによるパレードが10日土曜日に行われた。 パラグアイのチーム 12日から17日までの6日間の間にバルパライソ地方でコンペティションが行われ、総距離300km.、ビニャデルマール、コンコン、キンテロとプチュンカビ自治区が舞台となる。 コンペティションの経路はこちら。…

チリ:夏開始まで後1ヶ月半〜今週は高気温に注意!

メトロポリタン地方とバルパライソ地方では、今週高気温が予報されており、水曜日にピークを迎える。 厚生省は、日光が強い10時から16時までの間の外での活動を控え、帽子の着用、十分な水分摂取と汗を多くかいた時には塩分摂取にも気をつけるように呼びかけている。 特に高齢者と幼児の脱水に注意が必要となる。また、火事が発生しやすくなるため、火元の注意や発火原因となる物質の扱いにも普段以上に注意するように促している。…

チリで仕事を求める外国人〜ベネズエラ人が最多

全国雇用団体(BNE)の失業保険利用者委員会(Comisión de Usuarios del Seguro de Cesantía)の年間報告書の抜粋によると、26.843人の外国人がチリ国内で仕事を探し求めている。 その内、ベネズエラ人が最も多く8.203人が求職サイトを利用している。ハイチ人5.007人、ペルー人4.702人、コロンビア人3.707人、ボリビア人1.724人、エクアドル898人、アルゼンチン人823人、スペイン人383人と続いている。…

何故チリは肥満大国になったのか~その鍵は肉の消費量にある

FAOの最新報告によると、チリはOECD加盟国中2番目に高い肥満指数を保持する(1番は米国、成人人口の40%が肥満)。チリの15歳以上の国民の34,4%が肥満を患っている。 FAOの食物に関連するデータで、ここ50年間でチリ国民の肉の消費量が1963年の年間29kgから1013年には85kgに増加している事がはっきり分かる。…

チリ:新たな社会経済カテゴリー、7階層に区分

チリの新たな社会経済カテゴリーが発表され、今まで一緒にされていたABC1グループが、AB、C1a、C1bに分けられた。それによって、AB、C1a、C1b、C2、C3、DとEの7つのカテゴリーに区分された。 各カテゴリーの内訳は以下の通りとなっている。チリ全国民の1% サンティアゴ居住者の3%月の平均世帯収入 CLP$6.452.000 (約107万円)。大学卒 (99%)、大学院卒(30%)。100%…

チリ北中部地域、深刻な水不足。。。

2018年8月31日までの、チリ北部の降水量の統計が発表された。 冬の期間中に最も雨が期待されるチリだが、年々降水量は減少している。今年は特に少なく、春には雨が期待されると予報されたいたが、今の所は霧雨程度となっている。 年平均に比べ、最も降水量が少ない地域は、コピアポ、バリェナール、ラセレナで、3地域の合計降水量(8月31日迄)は70mmに満たない。 …

チリ:サンティアゴ・ラスコンデス地区〜禁煙に関する新たな条例

ラスコンデス市議会は、公園、広場における喫煙を禁じる条例を発令した。 条例は、「煙からの解放」と名付けられ、11月1日から施行される。破った場合の罰金は5UTM(23万9千チリペソ)に定められている。 ラスコンデス市長のJoaquín Lavínは、「このような条例はチリでは初の試みであり、きっと他の地区も導入するだろう。」とコメントした。…