南米情報を日本語でお届けいたします
Browsing Tag

バルパライソ

日本からチリへ〜舞踊集団「菊の会」、日本・チリ修好120周年記念行事

日本を代表する舞踊集団「菊の会」が「日本・チリ修好120周年」を記念して、サンティアゴとバルパライで公演を行います。 世界57カ国、98都市で公演された「菊の会」の日本舞踊芸術がチリでもお楽しみいただけます。 公演情報はこちらです。 サンティアゴ市: ニュニョア区文化センター、ニュニョア区立劇場 11月15日 20時開演 …

チリー日本修好120周年③:秋篠宮様ご夫妻、バルパライソで詩人パブロ・ネルーダの博物館「ラ・セバスティアーナ」、津波対策、海軍フィールドクラブを訪問

「チリー日本修好120周年」の公式訪問でチリを訪れている秋篠宮様ご夫妻は、28日木曜日に港町バルパライソを訪問されました。現地では、ビニャ・デル・マールの海軍フィールドクラブで関係者と昼食会を楽しまれました。 今回の訪問は、地震文化に置ける両国の協力に重点を置いており、昼食会の後にはSHOA(海軍水圏サービスと海洋学)の設備を巡り、チリの津波対策テクノロジーを観察されました。 …

チリ:世界で最も大きい「ラバーダック」がチリに到着 〜 展示場所

オランダの芸術家フロレンティン・ホフマンが制作したアヒルのおもちゃを巨大化されたパブリックアートの「ラバーダック」がサンティアゴとバルパライソで展示されます。 「ラバーダック」は「Hecho en Casa」フェスティバルの展示物の一つであり、展示期間は9月28日から10月8日までです。 大きさ20メートル、幅17メートルのアヒルのおもちゃは、今まで香港、シドニー、アムステルダム、トロントとサンパウロの水辺に展示されてきました。…

チリ:ようこそバルパライソへ!海上自衛隊練習艦隊御一行様

8月11日、午前9時に海上自衛隊練習艦「かしま」と護衛艦「はるさめ」がバルパライソ港に寄港しました。 各艦には、今春、幹部候補生学校を卒業した初級幹部約200名を含む約600名の自衛官が乗り組んでいます。 チリと日本の親善を深めることを目的として、レセプション、艦内見学と文化交流フェスティバル『Festival Naval Nikkei 2017』がバルパライソ日系人協会によって開催されました。…

チリ国内地震センター、バルパライソ地方の余震は異常な数

チリ国内地震センター(Centro Sismológico Nacional (CSN))の施設長 Sergio Barrientosはバルパライソ地方で頻発している余震の数が「普通では無い」と発言しました。マグニチュード7程度の揺れはチリでは普通の範囲であり、同様の揺れが再度起きる可能性は考えられます。 高台に避難した人達 …

チリ、継続する余震に対して警戒するように専門家が呼びかける

週末から継続するチリ中心部の余震 に対して、地震を予知する方法は無いけれど、更に強い余震の可能性に対して警戒するように専門家が国民に呼びかけています。 22日土曜日の夜間の間、中度の余震が確認されました。Onemiの報告によると余震発生時刻は23:36分でコキンボ地方からオヒギンズ地方にかけて感じられ、震源地はバルパライソ地方の西部沖合48㎞、マグニチュード6,0、深さ22,9kmでした。 米国の地質サービスセンター(El Servicio Geológico…

ラス・パルマスで新たな森林火災発生、広範囲で停電

本日発生したラス・パルマスの森林火災によって、バルパライソとビニャ・デル・マルの一部の地域が停電になっています。 バルパライソの市長、ホルヘ・シャープ氏は、予防措置として3社の電力会社が電力供給をストップしていると説明しました。 火事が発生している地域には、電力会社チルキンタの高圧電線が配線されており、アルガロボとカサブランカ地域を含む、約11万3千世帯が停電の影響を受けています。…

猛暑日警戒、バルパライソとマウレ地方

19日日曜日から21日火曜日の間に猛暑日の予報が出ています。気温が一番高くなると考えられているのは、バルパライソ地方の内陸部で最高気温は37度に達するということです。 急激な気温上昇に伴う、予報警戒を気象予報台が発令しています。メトロポリタン地方では、33度から35度が予報され、オヒギンズ地方では34度、マウレ地方では33度の予報です。 引用: Alerta por ola de calor entre regiones de…

チリ−日本、両国間開催の地震−津波の際の避難訓練

来る11月3日(木曜日)、チリ−日本共同での避難訓練が行われます。 非常サイレンの音が鳴り響き、避難訓練の開始を知らせます。 2分後、近くの指定避難場所に徒歩で向かいます。 避難場所に到着後、指示に従い避難訓練の終了時間が知らされます。 参加するためには、こちらのリンクから登録する必要があります。 登録フォーム:…

チリ、バルパライソで300人以上の服役者が釈放される

控訴裁判所の条件付自由委員会の決定によって、300人以上の服役者がバルパイソで釈放された。今月の11日から14日までの4日間討論された結果、刑の3分の1を果たした339人に条件付自由をあてがうことが決まった。 検討の際、54件は拒絶され、4件は決定待ち、1件は未宣告。委員会の議長はSilvana Donoso大臣で、5月にも788人の服役者を24時間以内に釈放しており批判された。…