南米情報を日本語でお届けいたします
Browsing Tag

ブラジル

ブラジル:ティラピアの皮、火傷治療における「コロンブスの卵」

広い火傷を負って、病室のベッドに横たわる22歳のFrancisco Rostana Gabrielの両足と片腕の火傷は魚の皮で覆われています。ブラジルのFortaleza市民病院の火傷専門科に入院している患者の火傷部分を覆う魚の皮は、カチコチに固まり、硬い皮に変化しています。 ガス爆発によって広範囲の火傷を負ったGrabrielは病院に運ばれ、傷口の消毒など通常の治療を受けましたが、翌日になって包帯を変える時には激痛に襲われ、再度焼かれるかのような痛みを感じました。  …

ブラジル:今年も「 Miss Bumbum(ミス美尻) 2017」を開催

女性を物として扱う男尊女卑の文化として一部から強い批判を受ける「Miss Bumbum (ミス美尻)2017」が今年も開催されます。 お尻を信仰する国として知られるブラジル、サンパウロの路上で候補者達が自慢のお尻を披露し、大騒ぎになりました。 昨年は、フォトセッションで小さな水着を着用した参加者達による最後の晩餐の再現が非難されました。…

ブラジル:90万人の奴隷が上陸した港跡地がユネスコ世界遺産に登録

 ブラジルの桟橋遺跡ヴァロンゴが新たにユネスコの世界遺産に登録されました。この遺跡はリオデジャネイロの中心部Jornal do Comercio広場のほぼ全域を納め、「アメリカ大陸への奴隷強制連行の最も重要な爪痕」を構成しています。  場所は、いくつもの古い層からなり一番深い層は原始的ヴァロンゴ埠頭に属する塗装道路(pé de moleque)によって形成されているとユネスコが声明で述べています。 この場所はかつてのカリオカの街の港町で、…

世界の軍事力ランキング:トップは米国、南米の国々の順位は

一定期間ごとに世界各国の軍事力ランキングが発表されます。今回はGlobalfirepower.comポータルサイトが、様々なファクターを分析して132カ国を対象としたリストを作成しました。 分析内容は各国が保持している武器量や武器予算に限らず、地理的条件(例えば海に面しているとプラス)、物流の柔軟性、天然資源、地域産業の影響等を考慮しています。…

ラテンアメリカ・カリブ地域:高齢化に向かう社会

2040年には、60歳以上の人口の割合が初めて15歳以下の人口数を超え、それによって今世紀中頃には人口が減少すると国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(Comisión Económica para América Latina y el Caribe(Cepal))が報告しました。 今までのラテンアメリカは出生率が高く若い地域でしたが、現在は人口の高齢化に向けてまっすぐ進んでいます。よって、新たな人口構造を促進する政策が急がれています。…

ブラジル:「私は泥棒です」とタトゥーを入れられた17歳の青年のための募金活動

タトゥーの彫り師に「私は泥棒です」というフレーズを額に入れられた17歳の青年のタトゥーを除去するための募金活動が行われました。 自転車を盗もうとしていたという理由で、自転車の持ち主である彫り師は青年に罰としてタトゥーを入れ、その様子をインターネット上に投稿しバイラル化しました。その後、彫り師は訴えられ、現在は警察に拘束されています。Afroguerrilha団体は、この青年のタトゥーを除去するためのキャンペーンを立ち上げ募金を募りました。…

ラテンアメリカ諸国の武器輸入

2012年から2016年の5年間の間にメキシコの武器輸入金額は180%増加し、ブラジル、コロンビア、チリを抜いて、ラテンアメリカで2番目に武器を輸入している国になりました。メキシコが輸入している武器の56%は世界の武器の3割を輸出している米国の製品です。…

ジャガーの個体数が激減、ラテンアメリカ全体で64000匹

メキシコの大学(Universidad Nacional Autonoma de Mexico-UNAM)が行なった調査によると、ラテンアメリカ全体で64000頭しか確認されていないジャガー(Panthera onca)の危機的状況が警戒されています。この大型のネコ科動物の生息地はアメリカ大陸全土で34の亜集団に分かれており、そのうちの33集団が絶滅の危険にあります。…

ブラジル:ヒトパピローマウィルスの予防接種を男子にも

接種は12歳から13歳の男子に行われ、2020年には9歳からの接種を含むため段階的に年齢の幅を広げていきます。 ブラジルの公共医療機関システムは2017年の1月より12歳から13歳の男子の国内予防接種カレンダーにヒトパピローマウィルス(VPH)の予防接種を組み込んでいることを、厚生省が報告しました。…

南米のクリスマスとお正月いろいろ

南米の年末の挨拶はクリスマスとお正月を一緒にするのが普通です。南米大陸の国々ではクリスマスの方が家族と過ごし、準備物も多く、重さが感じられます。日本のお正月のように、静かな雰囲気で和やかなイブの夜を過ごし、夜12時が過ぎると親しい人に挨拶をします。全体的にはこのような感じですが、国によって少しづつ異なるので、そちらをご紹介します。 チリのクリスマスとお正月…