ブラウジングタグ

ベネズエラ

ベネズエラ:国会議員7名を解任〜クーデター関与の疑い

ベネズエラ構成議会は最高裁判所の指示により、4月30日のクーデターに関与していた疑いのある国会議員7名を裏切りと反逆の罪で解任した。 「どこからも妨げがなく、全ての階級に法の裁きを与えるための決断」だと、構成議会の議会長は発言。議会はチャビスタに独占されている。 「暴君が居なくなると思って笑顔でクーデターに活発に参加した人々全員に法の裁きが降る。」…

ベネズエラ:クーデターに関連した逮捕者233人、死者5人

先週4月30日と5月1日に行われた反政府支持者グアイド氏が起こした「クーデター」の報告がベネズエラの司法長官タレック・ウィリアム・サーブによって行われた。 報告によると衝突時の死者は5人で逮捕者は233人に上り、市民と低い階級の軍人に対して18の逮捕状が発行された。暴動の主導者と参加者に対しては調査中で、最終的な結論が出される。 失敗となったクーデターに関連した人物の中には立法宮殿のボリバル国防長官が含まれており、サーブは彼が軍隊を騙したと非難する。…

ベネズエラ:深刻化する大規模停電、断水、食料不足

6日目となる停電による断水と食料不足に苦しむベネズエラ国民は、新たな苦しみの中にいる。 カラカスでは、約2000人の反政府派の人達の前で国際社会からの承認を得ている自称暫定大統領のグアイド氏が、「権力の侵害は終わりに近づいており、ベネズエラが暗闇から抜け出す日はもうすぐだ、自分達を信じてほしい」と演説している。 「仕事に取り掛かるためにには事務所が必要だ、だから近く私の事務所であるミラフロレスに出向かう。」と、政府官邸について触れた。…

ベネズエラ:支援物資運搬トラック焼失事件〜グアイド派の仕業だとNew York Timesが報道

先月2月23日、ベネズエラ暫定大統領グアイド氏がコロンビアをはじめとする隣国の支援を受けて米国からの支援物資をベネズエラ国内に運び込もうとした日、南米中が注目する中で支援物資運搬トラック3台が焼失した。 即座に、トラック焼失の責任はマドゥロ側の軍隊にあると指摘された。しかし、このタイミングでNew York Timesがグアイド派の抗議者に砲火原因があると事件当時のビデオの解析を元に報道を行った。…

ベネズエラ:23日の武力衝突〜支援物資焼失

23日のベネズエラ、コロンビア、ブラジル国境付近で発生した、ベネズエラ政府による抗議グループへの暴力行為に対して米州人権委員会(CIDH)と国連機関(ONU)は、いかなる暴力も解決にはならないと警告している。 23日土曜日の人的援助流入を妨害する政府側が、抗議する人々に対して容赦無く催涙ガスを発砲し、武力行為をふるった。それによって、4名の死者、285人の負傷者が発生。支援物資を運んだトラック2台が燃える事態となり、マドゥロ政権の命令で燃やされたと憶測が広がっている。…

ベネズエラ:2月23日、2人のリーダーの力量が測られる日

グアイド暫定大統領が人道的援助を必ず国民に届けると強調し、それを必ず阻止するという姿勢を緩めないマドゥロ大統領の対立が南米中で注目され、不安視されている。 ベネズエラ政府は米国から届いている支援物資が「腐敗」しており、ベネズエラ国内に内戦をもたらす相手に門を開くことはできないという点を支援物資拒否の理由として掲げている。 マドゥロ政権を味方するキューバ、ロシアと中国からの支援は受けている。…

ベネズエラ:オランダ領アンティルとの無期限の国境閉鎖を表明

米国からの人的援助問題で緊張感が走る中、ベネズエラ副大統領デルシ・ロドリゲス氏はオランダ領アンティルとの無期限の国境閉鎖を表明した。 クラサオ島に収集された人的援助はオランダ領アンティルの国境地域からベネズエラに運び込まれる予定となっていた。 他の国境地域、コロンビアのククタとブラジルのロマリアにも同様に支援物資が到着している。 副大統領は、アルバ、クラサオとボナイレとの今後の関係性についても検討中だとコメントした。…

コロンビア:ベネズエラとの国境の街に米国からの人的支援が到着

2月16日土曜日、米国の2回目となる人的支援物資を米軍がコロンビアのククタに輸送した。ベネズエラとの国境地帯であるティエンディタス橋の倉庫が物資の保管センターの役割を担っている。 支援物資は主に緊急用食品と薬品であり、特に困窮した生活を送っているベネズエラ市民に配布される予定となっている。 https://www.latercera.com/la-tercera-tv/noticia/video-ayuda-humanitaria-venezuela/529855/…

ベネズエラ:人的支援流入を止める為に受刑者を派遣

ベネズエラ大統領ニコラス・マドゥロは、暫定大統領フアン・グアイドが求めた人道援助の国内への流入を防ぐ為にコロンビアとの国境であるティエンディタス2カ国間橋に、バリケードとして受刑者40名を派遣した。 受刑者達はタチラ州のサンタ・アナ刑務所に服役中で、今回の派遣に関してはベネズエラ裁判所が承認したのかは明らかにはされていない。 受刑者達がどのような方法でバリケードとなるのか、武器を所有するのか明確になっていない。マドゥロ大統領に対する批判は増加している。…

ベネズエラ暫定大統領、メキシコのAMLO大統領に支援を要求 

今回のベネズエラ問題において、南米で数少ない中立な立場をとっているメキシコ。それに対してベネズエラ暫定大統領のグアイド氏は、「民主主義を求める声に連なるように」と要求している。 しかし、メキシコのAMLO大統領は、「他国の問題には関わらない」という姿勢を変えない意思表示を明確にしている。 「我々の外交官に対する指示は、我々の問題に対して他の国が関与しようとしないためにも、他の国の問題に対して慎重である事。」…