Browsing Tag

ベネズエラ

チリで仕事を求める外国人〜ベネズエラ人が最多

全国雇用団体(BNE)の失業保険利用者委員会(Comisión de Usuarios del Seguro de Cesantía)の年間報告書の抜粋によると、26.843人の外国人がチリ国内で仕事を探し求めている。 その内、ベネズエラ人が最も多く8.203人が求職サイトを利用している。ハイチ人5.007人、ペルー人4.702人、コロンビア人3.707人、ボリビア人1.724人、エクアドル898人、アルゼンチン人823人、スペイン人383人と続いている。…

ベネズエラの新通貨〜ボリバル・ソベラノ

マドゥロ政権が掲げる、ベネズエラ経済を回復させる方法の一つである通過の変更、新通貨であるボリバル・ソベラノ(Bolivar Soberano Bs.S)が8月21日から流通し始めた。 前通過のボリバル・フエルテ(Bs)から0を5つ除いている。 ベネズエラのハイパーインフレは世界中で知られ、生活用品とサービスの値段は極端に増加している。 ベネズエラ中央銀行は、0を5個減らす事で経済的および商業的取引を促進させる目的があると説明した。…

ベネズエラ:マグニチュード7,3の地震が発生

8月21日現地時刻17:31分にマグニチュード7,3の地震がベネズエラで発生した。震源地はジャグアラパロの北西21kmで、深さは123kmであった。 強い揺れは、隣国のコロンビアとトリニダード・トバゴでもでも感じられた。今回の地震による死者は無く、建物の破損や傾きが確認されている。 多くの住民は余震を恐れ、いざという時に逃げる仕度をしている姿が見られる。…

ブラジル-ベネズエラ国境地帯〜市民の怒り爆発、移民との衝突

ブラジル公安省は、ベネズエラとの国境の自治体パカライマに軍隊を派遣する事を検討していると発表した。 ロライマ州の北西に位置する自治体パカライマはベネズエラとの重要な国境地帯であり、近年のベネズエラの政治・経済問題で数千人のベネズエラ国民が国境を渡っている。 18日土曜日には、4人のベネズエラ人によるブラジル人商人への窃盗、突き刺した暴行事件を発端に、地元住民の怒りが爆発、地域のベネズエラ移民に対しての投石、キャンプ場と所持品を燃やす暴動が発生した。…

Miss Chile2018優勝者Andrea Díaz〜母親はベネズエラ人

週末開催されたMiss Chile 2018、優勝に輝いたAndrea Díazの父親はチリ人、母親はベネズエラ人で、出生地もベネズエラである。 身長1,75cm、26歳、モデルとジャーナリストを職業とし、現在はサンティアゴを拠点としている。 「長年に渡って両国で生活して来ました。私の中には両文化が融合しており、自分を表しています。その事がチリ国民やベネズエラ国民としてだけではなく、世界人としての名誉を与えてくれました。」…

ラテンアメリカ:1米ドルで買えるガソリンの量を国別に比較

ラテンアメリカで購入できる1米ドル当たりのガソリンの量の比較が掲載された。 国別に見ると、平均的に0,5lから1,1lとなっているが、ベネズエラの場合は大きく逸脱しており、僅か1ドルでトラック約90台分のガソリンが購入できる。 ウルグアイ    0,54リットル ブラジル     0,86リットル ペルー      0,89リットル チリ       0,90リットル ニカラグア     0,96リットル コロンビア       …

ベネズエラ:  カラカス市、現金不足を補うために現地通貨を発行 

カラカス市長のエリカ・ファリアスが現地通貨「エル・カリベ」の発行を発表した。この現地通貨の発行は、「経済戦争」とベネズエラ首都の現金不足に対する答えだという。 「エル・カリベはカラカス市内の様々な区内で使用でき、首都圏民が食糧など品物を正当な値段で購入できる機会を与える。この新たな通貨が、右翼によって押し付けられた「経済戦争」を破る事になる。」 と、市長は発表した。…

国際労働機関、ベネズエラの労働条件に対する公式調査を開始

国際労働機関(ILO)は、雇用主がニコラス・マドゥーロ政権に対して、労働政策の鍵となる結社の自由、雇用者や労働者との社会的対話の欠如を理由に行なった苦情を元に、ベネズエラに対する公式調査を開始した。 この捜査は、2015年以来行われているベネズエラの商工会議所連合会フェデカマラの訴えに従っており、ある声明によると雇用者と指導者に対する「信用出来ないキャンペーン」の一環として「攻撃、暴行、嫌がらせ」が示されている。…