Browsing Tag

ラテンアメリカ

メキシコ:ティファナで中米移民反対運動

既に3000人の中米移民が到着しているメキシコ・ティファナで、治安の悪化を恐れたメキシコ市民による抗議集会が18日、日曜日に行われた。 「移民は出て行け、我々が先だ!我々は自分達の旗を守る、侵入者反対。」などと叫び、抗議文を掲げた。 https://videosetv.ecn.cl/EMOLTV_V2_20181119093241339_360p.mp4 …

求人情報!チリ北部コピアポ地域鉱山業務〜チリ国外からの応募可!!

チリ北部コピアポ地域で鉱山業務に携われる人材を募集しています。 求人内容は以下の通りです。  『チリ・コピアポ地域鉱山業務』 職務:経理・総務、Cargo Gerencia de Administración,Recursos humanos. (同等の職務経歴を求む) 給与:1,800,000ペソ(約3,000ドル) 勤務地:チリ・コピアポ市内 …

UNICEF警告!中米移民キャラバン〜子供達の心理的状況 

11月7日、UNICEFは、突然の移住によって厳しい道のりに引きずり込まれた中米移民キャラバンに参加している子供達の「複合的なトラウマ」、心理的なインパクトに対する警告を行った。 「キャラバンの子供達は人道的危機を経験している。身体的な影響が出る前に国連や非営利団体の介入が必要となっている。又、心理的な健康への影響が短期的、長期的に発生する可能性もある。」…

メキシコ:中米移民キャラバントラック2台が消息不明

メキシコ人権委員会は、米国を目指して10月19日にメキシコに入国したトラック2台(約80人の中米移民を乗せているとみられる)の行方が分からなくなっていると発表した。 「11月3日、通報によって今回の非常事態が認識され、約100名の移民が行方不明になっているとみられる。身の安全を確保するために追跡調査が行われ、行方が分からなくなった場所ベラクルス州のイスラ市では聞き取り調査が行われており、情報提供も呼びかけている。」…

イベロアメリカでの「自殺率」〜 静かに増加

イベロアメリカ(中南米、スペイン、ポルトガルを含んだ呼び方、中南米だけを指す場合もある。)が向かい合っている公衆衛生分野の問題点は「自殺」 だと言える状況が発生している。 チリはOECD加盟国の中で2番目に自殺率が最も上昇した国であり、ボリビアは、5歳から14歳までの死亡原因の中で自殺が世界3番目に多く、小児の自殺が危険ファクターとして懸念されている。WHOによると、ボリビアの15歳から29歳までの過激な死亡原因の2位は自殺となっている。…

フォークランド紛争で戦没した100人目のアルゼンチン兵士の身元が確認される

フォークランド紛争から36年後、10月2日火曜日に身元不明のまま埋葬されていた100人目のアルゼンチン兵士の身元が明らかになった。 1998年、Elda Gazzoは宿泊先のフォークランド諸島のホテルで息子のRubén Eduardo Márquezが連隊の同志Rubén Eduardo Márquezと供にArgentine Military Cementery(アルゼンチンではダーウィン墓地として知られる)の墓跡10と9に埋葬されているというメッセージを受け取った。…

La Hayaの判決後、ボリビアが「海への出口」を得る方法は

2013年にボリビアが国際司法裁判所(CIJ)に「海への出口」をチリに要求する訴えを起こしてから7年半の月日が経過し、10月1日月曜日その悲願は棄却された。 速報!国際司法裁判所がボリビアの訴訟を却下〜チリに交渉義務無し 判決後、エボ・モラレス大統領は、「チリ側に交渉義務は無いが、対話を続ける呼びかけはある。」と判決に対する発言を行った。そして、ボリビアの「海への出口」獲得を決して諦めないと決意を新たにした。…

ラテンアメリカ:水道水の値段を比較〜最も高額な街は

先週、非営利団体Fundación Aquaeによって世界56カ国236都市の水道水の値段の比較が発表された。 金額の比較は100立方メートル当たりで行われ、世界で最も高額なのはカナダのリッチモンド市、市民は100立方メートルの使用量に対して年間約1.038米ドルを支払っている。 続いてデンマークのオーデンセ市が991米ドル、オーフス市が957米ドル、エスビャウ市の859米ドル、オールボー市の852米ドルと続いた。…

チリ:ラテンアメリカ最大規模の海水淡水化施設建設を承認〜サウジアラビア企業と提携

チリ環境評価委員会は、鉱業地帯として知られるチリ北部アタカマ地方にラテンアメリカ最大の海水淡水化施設の建設を承認した。光起電力を使用した施設の初期投資額は5億ドルとなっている。 Enapac(Energías y Aguas del Pacíficoエネルギーと太平洋の水)と名付けられたこのプロジェクトは、アタカマ地方で最大量2.630リットル/秒の海水の淡水化を検討している。…

チリ:大手企業代表取締役の平均給与、ラテンアメリカ1!

ラテンアメリカ6カ国の大手企業代表取締役の平均的な給与額を「給与お問い合わせプラットホームShow Me The Money」が調査した。 その調査結果によると、ラテンアメリカ地域で最も高額な報酬を受け取っているのは、チリという結果になった。 例えば、チリの大手企業代表取締役の平均的な年間給与額は1億米ドルを越し、簡単に計算すると月に24.500米ドル受け取っている事になる。この金額には、ボーナス等は含まれていない。現在の為替では、約1千700万チリペソとなる。…