ブラウジングタグ

ラテンアメリカ

チリ:ラテンアメリカで新HIV患者がもっとも多い国〜今年度は減少に向かう

7月16日、ONUSIDAによって発表された報告で、2010年から2018年の間にラテンアメリカで新規のHIV感染者が多いのはチリである事が明らかになった。 2010年から2018年の間に34%増加しており、国内の7万1千人がHIVと共に生活している。2017年の6万7千人から4千人増えている。 その内診断されているの人は全体の86,7%で6万1千6百60人になる。HIVウィルスと共存する4万5千140人が治療を受けおり、その数は前年よりも6千140人増えている。…

南米チリ、6月求人情報 *機械・化学エンジニア、日西建築エンジニア、日西アシスタント

今月は以下の4つの求人が届きました。応募されたい方は以下にある求人フォームで応募ください。 1. 機械又は化学エンジニア:機械製品の技術営業 ・大学卒以上(機械もしくは化学の専門過程)※近々卒業見込みの方も可 ・国籍性別不問(チリ国籍を持っていればベスト) ・スペイン語ネイティブレベル、日本語会話レベル以上 ・職種:機械製品または化学製品の技術営業 ・チリ北部コピアポ勤務 ・給与:月額CLP Liquido

ラテンアメリカにおけるマラリア感染の状況〜前進と後退

WHOによるマラリア感染に関する最新の調査報告が発表され、ラテンアメリカ地域の感染率の増加に注意を呼びかけている。多くの国々は感染状況を改善しているが、国によっては感染率が20%も増加している事が分かった。 世界規模で見ると、2017年には約2億1千900万人がマラリアに感染し43万5千人が亡くなっている。2010年の2億3千900万例よりは少なくなっているが、壁にぶつかり、目的である2020年までの大きな減少達成は難しい状況である。…

ラテンアメリカで最も英語が話せる人が多い国は?

国連の6つの公用語のうちの1つである英語。中国語とスペイン語に続いて世界で3番目に最も使われている言語である。 ラテンアメリカでは、多くの学校が第二言語教育に英語を導入している。コンサルティング会社EF EPIが行なった8回目となる英語修得統計調査では、アルゼンチンが好成績で88ヶ国中27番目、「高レベル」グループの最後に含まれている。…

メキシコ:年初めの2ヶ月間、過去最悪の殺人事件数を記録

メキシコ国家公安システム事務局(SESNSP)は、2019年1月と2月の殺人事件発生数が約6000件で、過去最最高数であると報告した。 計5803人が殺害されており、昨年の同時期よりも13%増えている。特に2月の数値は20年間で最も高くなっている。 政府の調査では殺人事件の被害者数は4622人であり、SESNSPの調査結果よりも1181人少ない。誤差には、調査に用いた情報や記録の出所の違いが影響している。…

チリ:「エコなメチョネオ」〜新大学生がビーチのゴミ拾い

チリはもとより南米各国で新大学生に対して行われる「メチョネオ」、「バウティスモ」と呼ばれる大学入学を祝った上級生からの「洗礼」。その内容は過激な事で知られ、死亡者が出て問題になる年もある。 新大学生の入学式の時期であるチリでは、今回通常とは違った「メチョネオ」が話題となり賞賛されている。 チリ北部のタラパカ大学の上級生達は、従来の暴力的なメチョネオではなく環境に役立つエコな方法を選択した。農学部の新入生50名は海岸線のプンタ・チンチョロに集合し、ゴミ収集を行った。…

チリ:夏時間の終了近ずく〜今年は冬時間が5ヶ月間に

徐々に日照時間が短くなっているのが感じられる夏終盤のチリ。夏時間の終わりが近づいている事を告げている。 チリ大陸アリカ・パリナコタ地方からアイセン地方までの冬時間への変更日時は4月6日土曜日の23:59:59時となっており、その時刻には、今より60分時計の時刻を遅らせる必要がある。 エネルギー省の大臣の報告では、今年は冬時間の期間が5ヶ月間に設定され9月7日までとなる。…

中南米:カンナビス栽培・消費量増加〜世界全体で同じ傾向 

国際連合(ONU)は独自の調査報告書で大麻の栽培と消費が世界中で平均的に増加していると忠告している。 大麻に対する寛容な規則が設けられる方向性に関して国際的に活発な議論が行われている。国際条約では、医療と科学的な目的の場合に限った大麻の使用が考慮されているが、嗜好品として合法的な大麻の使用が認められている国や地域が多数あるアメリカ大陸に対して、国際麻薬管理委員会(JIFE)は「誤解」が生じていると指摘する。 アメリカ大陸に関して…

チリ気象警報:アリカ地方、アントファガスタ地方〜通常よりも多い降水量による洪水被害

チリの国家緊急事態事務所(Onemi)は、アリカ・パリナコタ地方から、タラパカ地方、アントファガスタ地方にかけて15mmから25mmの降水量が予報されていると発表した。 雨は月曜日の午後から夜にかけて、山脈地帯やその付近で降る予想となっている。金曜日までは雷雨の可能性mもある。 アタカマ地方も同様の予報となっており、地滑りや洪水となる可能性が呼びかけられている。…