ブラウジングタグ

リマ市

ペルー:日本企業Earth Corporation〜リマ商工会議所で汚泥処理設備について発表

去る1月24日、リマ商工会議所(CCL)にて、有機化合物・無機化合物汚泥や廃棄物のプロセスとリサイクルを専門とするEarth Corporationが主催する工業廃棄汚泥処理に関するセミナーが開催された。 リマ商工会議所の環境と企業委員会委員長のホルへ・ペレス氏は、ペルーにおける環境管理の重要性を述べながら歓迎の挨拶を行なった。 JICA(国際協力機構)を介して日本政府が行っている海外における開発援助プロジェクトの一環としてEarth…

米州首脳会議ペルーで開催中〜議論の内容は

4月13日と14日にペルーで米州首脳会議が開催され、リマ市とカヤオ市は同2日間祝日となっている。 米州の独立国34カ国の代表者が集合し大陸に関係する議論や協定の策定が行われる、米州でもっとも大きな会合である。 今回の主なテーマには、開催国ペルーの大統領が辞任に追い込まれ、ブラジル前大統領が逮捕された、南米全体に広がる政治家の「汚職問題」が盛り込まれている。…

ペルー、リマ市洪水により非常事態

3月15日午後からリマ市は非常事態に陥っています。Huaycoloro川とRimac川の水量が上昇し、首都の至る所で氾濫しました。 この非常事態によって、急遽教育機関は休校となり、道路が閉鎖、水道が止まり、公共機関の運行が延長されました。…

ペルーリマ市、工学とテクノロジー大学の新キャンパスがRIBA賞を受賞

リマ市にオープンした新しいコンクリートづくりの建物、階層、階段と通路がオープンな工学とテクノロジー大学の新キャンパスが、王立英国建築家協会(RIBA)の2016年世界最上の新デザイン賞を受賞した。 アイルランドの会社Grafton ArchitectsとペルーのShell Arquitectos がデザインした建物は、「建築と工学の大胆かつピュアな共生を表現している。」と審査員に絶賛された。…

ペルー、リマ市ラテンアメリカで最も運転しにくい街トップ

耳を聾するようなクラクション、他の車の進行を妨げる長い列、逆上したドライバー、壊れた信号機、悲劇的な結末の交通事故。このような特徴を持つ首都の交通事情のおかげで、Wazeが公表した第2回「世界のドライバー満足度指標」に置いてリマ市は南米で最も運転しにくい街に選ばれた。…